19日、フィリピンのロレンザーナ国防相はこのほど、南シナ海の南沙諸島で同国が実効支配するパグアサ島に滑走路と港を建設すると語った。資料写真。

写真拡大

2017年3月19日、フィリピンのロレンザーナ国防相はこのほど、南シナ海の南沙(スプラトリー)諸島で同国が実効支配するパグアサ(中国名:中業)島に滑走路と港を建設すると語った。中青在線が伝えた。

ロレンザーナ国防相は17日、パグアサ島の前哨基地を視察する予定だったが、安全性の問題で中止になった。その後、別の軍事基地を訪れた後に同計画を明らかにした。また、ドゥテルテ比大統領がパグアサ島だけでなく、同国が南シナ海で実効支配する八つの島の軍事施設の拡張も承認したと付け加えた。

パグアサ島をめぐっては中国などが領有権を主張している。(翻訳・編集/柳川)