チョン・ギョンホ、EXO チャンヨル&チェ・テジュンとアイドル役を演じるにあたり…「ビタミン注射を打った」

写真拡大

俳優チョン・ギョンホが童顔なビジュアルの秘訣を公開した。

チョン・ギョンホは先日、ソウル江南(カンナム) 区新沙洞(シンサドン) のあるカフェで取材陣とのインタビューを行った。

チョン・ギョンホは「『ミッシングナイン』の序盤で、僕は明るい色の髪だった。そうしないとアイドルの役ができないと思った。僕はもう35歳だ」と話した。

チョン・ギョンホは「それでもアイドルのようには見えなかった」とし「チェ・テジュン、EXOのチャンヨルと同じグループの設定だった。肌のケアは週に1回くらい受けた。ニキビを治療するものだった。そしてビタミン注射も打ってもらった。体力を維持するためだった」と話し、笑いを誘った。

チョン・ギョンホは「あの子たちは本当にすごかった。その年齢ではこなせない感性を届けた。悪役だったチェ・テジュンはもっと大変だっただろう。ただありがたい」と感謝の気持ちを伝えた。

チョン・ギョンホは韓国で最近放送終了となったMBCドラマ「ミッシングナイン」でソ・ジュノ役として活躍した。