17世紀〜19世紀のヨーロッパでは、通常では気付かない場所に絵画を隠した本が流行ったそうです。

イギリス発祥の「小口絵」“fore-edge paintings ”と呼ばれる、ユニークな装丁技術をご紹介します。

 


本をこんな風に両手で持ち……。


金箔の塗られた小口を、斜めに少しずつずらすと……。


おお、美しい絵が出てきました!

[画像を見る]
こちらの古そうな本も、小口絵になっています。

[画像を見る]
同じように両手で持ち……。

[画像を見る]
綺麗な絵が出てきました。

小口絵はイギリスを中心に17〜19世紀のヨーロッパで流行ったとのことですが、比較的最近まで存在を知られず、ブリタニカ百科事典にも長らく記載がなかったとのこと。

当時の人々の遊び心がうかがえますね。

(動画1)
[動画を見る]
Fore-edge Painting - YouTube

(動画2)
[動画を見る]Smartly - Hidden paintings in old books. - YouTube

【古いヨーロッパの本には、通常では気付かない場所に「絵画」が隠されていた】を全て見る