19日、中国トップ富豪の長男で実業家の王思聡氏が、愛車の所有台数について語った動画が話題になっている。写真は王思聡氏。

写真拡大

2017年3月19日、中国トップ富豪の長男で実業家の王思聡(ワン・スーツォン)氏が、愛車の所有台数について語った動画が話題になっている。新浪が伝えた。

【その他の写真】

自身も芸能事務所やネット関連企業を経営する29歳の王思聡氏は、「中国トップ富豪」として知られる大連万達集団(ワンダ・グループ)の王健林(ワン・ジエンリン)会長の息子。歯に衣着せぬ発言、ぜいたくを極めた暮らしぶり、次々に変わる恋人など、プライベートな部分も常に注目されている。

その王思聡氏が過去にインタビューを受けた時の動画が、中国版ツイッターの人気動画ランキングでいきなり上位に登場し、話題を呼んでいる。内容は愛車の所有台数について語ったもので、「数えたことがないので分からない」と、富豪らしい余裕の回答。「以前見た芸能ニュースでは、少なくとも8台と書かれていた」とまるで他人事のように語っているが、「実際はそれより多い」という。

さらに、「そんなにたくさんの車を持ってどうするの?」とインタビュアーが疑問を投げかけると、「じゃあ君はそんなにたくさんの服を持ってどうするの?」と逆に質問。動画を見たネットユーザーは、「おぼっちゃまにとって、車を買うのは野菜を買うようなもの」「服を着替えるのと同じってことか…」などと、驚きを示している。(翻訳・編集/Mathilda)