写真提供:マイナビニュース

写真拡大

トーンモバイルとフリービットは、フリービットが提供するスマートフォン「TONE」の家族向け見守りサービス「TONEファミリー」について、スマートフォンで利用可能な機能として初めて、東京都を含む関東の9都県市より、推奨機能として認定されたことを発表した。

東京都は、青少年の健全育成に配慮した携帯電話や機能を推奨しているが、「TONEファミリー」は大手3キャリアやその他全MVNOが提供するサービスの中で唯一の推奨スマートフォンサービスとなった(平成29年3月時点)。また、東京都が想定する小学生程度までの利用基準と中学生以上の利用基準において、ともに推奨基準を満たしていると認定された。

TONEファミリーにおいては、アプリの利用制限機能、アプリごとの利用時間設定機能、子供がどこにいるか常に確認可能な見守り機能、あらかじめ設定した場所に子供が出入りすると通知が来るジオフェンス機能などを提供している。

今回、東京都以外でも、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、横浜市、川崎市、千葉市、さいたま市、相模原市で、認定を得ている。