チェ・テジュン、EXO チャンヨルを賞賛「どんな時も笑っていてくれた」

写真拡大

俳優のチェ・テジュンがMBCドラマ「ミッシングナイン」で共演したEXOのチャンヨルに対して賞賛した。

チェ・テジュンは20日午前、ソウル聖水洞(ソンスドン) のカフェで行われたOSENとのインタビューで「チャンヨルは男性俳優陣の間で最年少でした。リアクションが本当に良くて、かわいい末っ子でした。僕もリアクションでは引けを取らない自信がありますが、チャンヨルは持ち前の明るさで本当にかわいかったです。だから、お兄さんたちからすごくかわいがられてました」と話した。

チェ・テジュンは「絶大な人気を誇るアイドルのメンバーなので、スケジュールが大変そうでしたが、いつも明るかったですね。目も鹿みたいに優しいし、愛されるには理由があるなと思いました。男の僕が見ても、どうすればこんなに爽やかなんだろうと思ったくらい」と、褒めることを止めなかった。

「ヨルとテホの間に対立があって、島で初めての殺人相手だったので、喧嘩のシーンでは一緒に砂浜で転がったんですよ。だけどチャンヨルは、どんなシーンを撮っても笑っていました。それが本当にありがたかった。お互いに大変なシーンだったので、そういう些細な部分が力になりました」と話し、チャンヨルが死んで降板した際は、残念だったと明かした。

チェ・テジュンは、9日に終了したMBC水木ドラマ「ミッシングナイン」で殺人犯チェ・テホ役を熱演。チェ・テホは最初から悪人だったわけではなく、飛行機墜落事故に遭って無人島に漂流し、生き残るために殺人を犯し、またそれを隠すために悪業を繰り返したのだった。

これまで紳士なイメージが強かった彼は、チェ・テホという人物を通して悪役を見事にこなすことができることを視聴者に強く印象づけ、好評を得た。