セキュリティのためには複雑に、忘れないためにはシンプルに…そんな無茶なパスワードをつくる時代も、じきに終わるかしら。

最も有効なソリューションとは言いづらいものの、最も一般的なセキュリティ方式といえば、パスワード。本来、パソコンやデータの保護を目的としたものですが、自分のパスワードは絶対に突破されないという自信の持ち主はどれほどいるでしょうか?

さらに近年では、ユーザーの指紋から耳のかたちまで、あらゆる形式の生体認証システムがより効果的なメソッドとして研究されているほか、実際に採用される話というも珍しくなくなってきています。

ところが、多くのスマホユーザーに身近な指紋認証は、わたしたちが想定しているよりもこの通り簡単に突破できるものだと判明したり、比較的新しいと考えられているセキュリティシステムでも脆弱性はツキモノだったりします。

そこで、香港浸会大学コンピュータサイエンス学部教授のCheung Yiu-mingさんをはじめとする科学者たちが注目したのが、読唇術を使った認証システム。このほどNew Atlasが取り上げました。

この技術は、唇のかたち・質感・動きなどの特徴をカメラで捉えて認証するシステム。ですが、なぜ唇なのでしょう?

似た技術の声紋認証は、周囲の雑音に影響されたり、特定の言語に縛られたりしてうまく認証されない...なんてこともしばしばありました。対して読唇術は、ユーザーの唇の特徴を識別できるようコンピュータに学習させることで、雑音の影響や話す言語の縛りがほとんどないのです。さらには、第三者が真似ることはほぼ不可能とも評価されています。

ただしこの技術が機能するのは、内側カメラのついたスマホやパソコン端末でのみ。また読唇術の場合でも、口頭で秘密のパスワードを唱える必要があるため、なにかしらのパスワードを覚えておくという作業はまだ続きます。

とはいえ、誰にも悟られないような複雑なパスワードを打ち込む一般的な方式と比べたら、どうでしょう…? 自分が設定した言葉を唱える読唇術によってパスワードを忘れるリスクは減って、セキュリティは向上する…なんていう一挙両得は、うっすら遠くに見える未来の話でも夢物語でもないのかもしれません。

・これからは指紋認証ではなく、「耳」認証

source: Hong Kong Baptist University, New Atlas

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文]
(Rina Fukazu)