Inc.:どんなに人にも共通のことが1つだけあるとしたら、生きていると誰でも間違いを犯すことです(願わくば、そこから貴重な教訓を得られるといいのですが)。しかし、賢明な人なら、他人の犯した間違いからできる限り多くを学び、同じ轍を踏まないようにするはずです。

キャリアの成功に役立つ12の重要な教訓をご紹介しましょう。どれもそれほど苦労せずに実践できることばかりです。

人生は短いので、めいっぱい生きるべきです。不幸になっている暇はありません。嫌な仕事、評価してくれない上司、先の無いキャリアに悩んでいるなら、今すぐ何とかしましょう。ある朝目覚めて、「あのときこうしていれば」と悔やむことになりたくないはずです。

人間関係では、些細なことが大きな意味を持ちます。成功している人ほど幅広く多岐にわたる社会的なネットワークを持っているものです。しかも、表面的な付き合いにとどまらず、しっかりとつながった幅広いネットワークです。人間関係を築くことは、ビジネスをするにはとても重要です。ちょっとしたことに時間と努力を費やすほど、その重要性はどんどん高くなります。

成功は健康であってこそです。やる気満々で成功している人は、仕事のあらゆる側面に集中していても、健康は気にしていないことが多いようです。多忙で生産的で順風満帆なのは結構ですが、健康でないとそのペースは維持できません。常に十分な栄養とエクササイズと休養を取るように意識しましょう。

本物の社会生活はSNSでは得られません。Facebook、Twitter、Instagram、Emailやメッセージに何時間も費やすと、得るものより失うものの方が多くなります。世の中とつながるということは、実生活でいろいろな人と話したり、交流したり、つながりを持つことです。

人生を学びの場にしましょう。生涯学び続けることを厳しく自分に課すのです。どんな人からも何か学ぶべきことがあるので、日々新しい知識を得る努力をしてください。そうでないと、世の中の変化から取り残されて頭をかきむしることになるでしょう。

臨機応変な姿勢が成功の秘訣です。既にしっていることに固執すると新しいことは学べません。成功している人は柔軟で頭の回転が速く、方向転換の仕方を心得ています。チャンスはどんな形で現れるかわかりません。あらゆる可能性を最大限に生かす姿勢で生きましょう。

成功には時間がかかるものです。一夜にして成功することはまずありません。ほとんどの人は素晴らしいキャリアを築くのに何年も何十年もかかります。秘訣は毎日一生懸命働くこと、そして、1つ1つの小さな勝利が人生の価値を大いに高めることを忘れないようにすることです。時を経るにつれて、達成できる目標がどんどん大きくなっていることに気づくでしょう。

どんな場合も一緒に頑張る人がいるにこしたことはありません。自分一人で頑張ろうとする人が多いですが、成功はチームワークのスポーツです。自分だけの力で成功できるという考えは神話に過ぎません。どんなに素晴らしいアイデアも協力しあえるチームがあってこそ実現できるのです。

不安に支配されないようにしましょう。不安なせいで行動を起こしたり問題を解決する気になるなら、不安も意味がありますが、「もし〜なら」とか最悪のシナリオを思い描いて気もそぞろになるのは問題です。心配する暇があるなら、問題解決や難題克服のために努力しましょう。

失敗は決して致命傷にはなりません。好むと好まざると、失敗は成功に至るプロセスに欠かせないものです。失敗は一巻の終わりではなくて、次はもっとうまくやるチャンスなのです。

くだらないことで幸福感を台無しにしないようにしましょう。これ以上無いほどバカバカしい些細なことで幸福感を損なう人が多すぎます。しかし、人間はどんなときも幸福になることを選択できます。人生は選択であり、幸福も選択です。どんな状況にあっても、喜びの感覚を失わないようにしましょう。

人生の意味は、自分の才能を見つけることであり、成功の目的はそれを世の中のために役立てることです。今している仕事に目的意識を持てないなら、本当の天職を見つけるべきです。そうすれば、喜んで仕事に打ち込めるようになるでしょう。人生の目的は、自分の才能を発見することであり、人生の意味はその才能を世の中のために生かすことです。


12 Important Career Lessons Most People Learn Too Late in Life | Inc.

Lolly Daskal(訳:春野ユリ)
Photo by Shutterstock.