提供:リアルライブ

写真拡大

 元SMAPの中居正広が、MCを務めるテレビ朝日系「中居正広のミになる図書館」が4月から月曜のゴールデンタイムに進出することが決定し、都内で合同取材に応じたことを19日付の各スポーツ紙が報じている。

 各紙によると、中居が報道陣の取材に応じるのは、SMAPとして最後の出場となった15年末のNHK紅白歌合戦以来。中居といえば、先週、「女性セブン」(小学館)で美人ダンサーの武田舞香との6年越しの愛が発覚したが、「『ミになる図書館』以外の質問は受け付けないと(関係者から)言われていると思います。タイムリーな時期によろしくお願いします。(質問で)余計なことを自分で言いそうだと思う人は勇気を振り絞ってお願いします」と会見を盛り上げるためか、自ら“ネタ振り”。「今年、ソロになってゴールデン進出。率直な心境は」との質問には、「1人でのお仕事は、今までもずっとやらせてもらっている。さほど変わらない」と話したという。

 会見終了後、報道陣から「交際は順調ですか?」、「結婚には向いていないと常々言ってましたけど」と交際に関する質問が。それに対し、中居は記者1人1人に「君、誰?」と耳を傾けながら、「『ミになる図書館』以外の質問なので、話さな〜い!」、「友達でもないので、話さな〜い!」とうまく煙に巻き、結局、交際については言及しなかったというのだ。

 「ジャニーズ事務所は交際について肯定も否定もしていないが、なぜか中居には“口止め”しているようだ。会見に集まったのも各スポーツ紙のジャニーズ担当記者ら、ジャニーズにとって都合の悪いことは書かない媒体ばかりで、中居が答えないことも織り込み済み。ただ、それをおもしろい記事になるように盛り上げる中居のスキルはお見事」(芸能記者)

 この先も当分は交際について語ることはなさそうだ。