いい雰囲気になってきていても、相手が奥手な男性だと、なかなか思うように先に進めなかったりもしますよね。

そんなときは、思いきって女性の方から男性の背中を押してあげるのも、有効な方法かもしれません。

そこで今回は、奥手男子を「その気にさせる」ひと言を紹介します。

 

■「家まで送ってくれる?」

奥手な男性と飲みに行ったり、遊びに行ったりした際は、「家まで送ってくれる?」とちょっと甘えながら言ってみるといいです。家まで送るということは、「もしかしたら家の中に入れてもらえる可能性があるかも?」と、ドキッともしちゃうでしょう。

家で2人きりになりたいと思っていても、「うちに寄って行く?」とか「家に行ってもいい?」なんて、奥手な男性はなかなか言い出せません。であれば、家に行く口実をあなたの方から作ってあげると、男性もその気になりやすいでしょう。

■「もう少し一緒にいてくれる?」

デートの別れ際に、寂しそうにすることは何よりも大事です。デートを楽しんでくれたことが男性にも伝わりますし、「本当はもっと一緒にいたい」という気持ちにも、なんとなくは気づいてもらえるはずです。

ただ、奥手な男性に対しては、それだけでは少し足りないかも。「もう少し一緒にいてくれる?」と、実際に口に出して言ってあげた方が、確実に胸にも響くでしょう。勇気があるのなら、「今夜は帰りたくないな」なんて言ってしまうのもアリかもしれません。

 

■「うちで飲み直さない?」

一緒にお酒を飲んだ後に、そのまま朝まで過ごしたいと思っていても、奥手な男性はなかなかそれを行動に移すことができません。どうしようか悩んでいる間に終電の時間になってしまい、結局は帰宅してしまうという流れになりがちでしょう。

そんな状況を打破したいのであれば、そろそろ食事が終わりそうという頃を見計らって、あなたの方から「うちで飲み直さない?」と誘ってあげてみてください。そこまでされたら、いくら奥手な男性でもさすがにスイッチが入るはずですよ。

 

■「私は好きですよ」

奥手な男性が女性に対して一歩踏み出す勇気が出せない理由のひとつとして、「フラれてしまうかもしれない」という恐怖心があります。この恐怖心を取り除いてあげないと、なかなかアプローチもしてくれないでしょう。

まずは女性の方から好意があることを示してあげると、奥手な男性であっても一気に動き出しやすくなります。会話の中で自然に「私は○○さん好きですよ」なんて言ってあげると、もはや告白しているのも同然なので、男性もその気になってくれるでしょう。

 

奥手な男性には、女性の方から歩み寄ってあげることが重要です。何気ないひと言で、好意を示すなど、背中を押してあげることができたら、ふたりの距離も一気に縮められることでしょう。

【画像】

※ nd3000/shutterstock

【関連記事】

※ 同僚と酔った勢いで…私たちの「恋愛失敗談」を告白

※ 元ホストが語る!オトコにどっぷり依存しやすい女子の特徴

※「一生守ってやる!」男に本気で愛される女性の特徴

※ 彼女に昇格は…?「ついエッチしちゃった女子」に対する男子の本音

※ うわっ、たまんねぇ〜!男子をドキッとさせる小悪魔級エロテク

※ 男子がメロメロになる「癒し系女子」になるためのコツ