赤い猫の青森県のご当地ゆるキャラ「にゃんごすたー」は、激しいドラム演奏をすることで知られています。

子供向けの楽曲(アンパンマンのマーチ)を、ヘビメタ風アレンジでドラムを叩く様子が、海外で大ウケしていました。

 

Japanese mascot performing death metal drumming for a children's song.

出だしはおとなしいですが、だんだんハイテンポに、そしてアンパンマンのマーチには似つかわしくないほど激しくなっていきます。

ゆるキャラも含めて、ものすごいギャップがありますね。

アンパンマンをよく知らない外国人にもインパクトが強いようで、おもしろいと評判を呼んでいました。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●最後のウェーブが良い仕上げだ。

↑「ばいばいきーん!」

↑デスメタルには真の情熱があるが、どんなに憧れても生活のために家賃を払わなくてはいけないんだ。

●多分それを見てドラマーになりたがる子供が増えるんじゃないかな。

●着ぐるみがドラマーっぽい表情をしているのが素晴らしい。

↑アニメ風の汗も必要だ。

●Apocalyptica”というメタルバンドのフィンランド人ドラマーは、子供向けバンドでも活躍しているよ。
[動画を見る]
Apoca[動画を見る]
Kengurumeininki - Kauppakeskus Kaari - Avajaiset - 19.10.2013 - YouTube
(Mikko Siren - Wikipedia)

●このドラマーは「にゃんごすたー」だよ。
(Nyango Star ー - YouTube)

↑うわ、まるごとYoutubeチャンネルがある!

●どうやってこの動画を見つけたのか想像できない。そして中の人が着ぐるみ姿でどうやって演奏しているのかも想像できない。

↑自分もそこに感動した。

●たった今、自分のお気に入りとなった。


「X JAPAN」の「紅」のドラム演奏は以下をどうぞ。

【外国人「日本のゆるキャラが『アンパンマンのマーチ』をヘビメタ演奏してる…」激しいドラムテクニックが大ウケ】を全て見る