スピンオフ企画が前進! (C) 2014 Universal Cable Productions.
All Rights Reserved.

写真拡大

 米女優ジーナ・トーレスが、米人気ドラマ「SUITS/スーツ」のスピンオフドラマで主演・制作を務める契約を結んだと、米Deadlineが報じた。

 同シリーズはニューヨークの法律事務所を舞台に、エリート弁護士のハーベイ・スペクターと、天才青年マイク・ロスのコンビの活躍を描くリーガルドラマ。現在、企画開発中のスピンオフドラマは、トーレス演じる法律事務所の所長ジェシカ・ピアソンを主人公にしたものだ。ユニバーサル・ケーブル・プロダクション(UCP)が制作を手がけ、本家シリーズのクリエイターでショーランナーのアーロン・コーシュが、スピンオフシリーズのショーランナーも兼ねる。

 トーレスはすでに「SUITS/スーツ」のレギュラーキャストから降板しているが、スピンオフのアイデアをコーシュと練っていたようだ。このほど契約を締結し、「(プロデューサー)のボニー・ハマーやジェフ・ウォッチェル、UCPの皆さんの私やこのプロジェクトの可能性に対する信頼の厚さや、今回のチャンスにとても感謝しています。はじまるのが待ち遠しいです」とDeadlineに語った。

 本家シリーズの撮影はカナダのトロントで行われているが、トーレスはロサンゼルスに暮らす家族との時間を優先し、昨年9月の放送をもってレギュラーから外れた。その後、ロサンゼルスで撮影が行われているスパイドラマ「The Catch」にレギュラーとして参加している。