イ・ソンギュン、映画「王様の事件手帳」で時代劇に初挑戦…“残していた課題だった”

写真拡大

俳優イ・ソンギュンが映画「王様の事件手帳」で、生まれて初めての時代劇に挑戦した理由を明らかにした。

イ・ソンギュンは本日(20日) 午前、ソウル江南(カンナム) 区新寺洞(シンサドン) CGV狎鴎亭(アックジョン) にて開かれた映画「王様の事件手帳」の制作報告会で、「時代劇というジャンルは、やらなければならなかったジャンルだったが引き延ばしていた。残していた課題だった」と口を開いた。

続いて彼は「選んでみて、『王様の事件手帳』の王様イェジョンというとても魅力的なキャラクターが入ってきた。キャラクターと共に、ストーリーもおもしろかった」と伝えた。