チョン・イル、入隊中の近況公開…職務教育で学生長を務める“信頼の熱い生徒”

写真拡大

代替服務中の俳優チョン・イルの近況が公開された。

社会服務要員(公益勤務要員) として代替服務中の俳優チョン・イルは3月6日から17日まで、韓国保険福祉人力開発院ソウル教育センター(センター長:ファン・ウンソン) で実施した2週間の社会服務要員職務教育で学生長を務めた。

職務教育は、保険福祉分野の社会服務要員に復帰すれば誰もが一度は受けなければならない法的義務教育だ。チョン・イルは教育期間中、率先して活動する姿を見せ、同僚教育生の間で信頼されたとソウル教育センターは伝えた。

チョン・イルと共に教育を受けた教育生たちは「韓流スターとして有名な芸能人も、私たちと同じ環境で服務し、特権意識が全くなく、積極的でポジティブな服務態度に感化された」と共感を表した。

デビュー後、韓国と海外で様々なボランティア活動と寄付金募金など善行を続けてきたチョン・イルは「普段、厳しい状況に置かれた人々に対する分かち合いに関心が大きかったが、今回の職務教育を通して社会服務要員としての役割と誇りを自覚することが出来た。それだけでなく、福祉マインドもより確かになった」と感想を明かした。

チョン・イルは交通事故の後遺症で社会服務要員の判定を受け、現在、ソウル瑞草(ソチョ) 区所在のソウルカトリック社会福祉会区立瑞草老人療養センターで社会服務要員として与えられた任務を遂行し、服務している。

チョン・イル、5日に新兵教育を終了…現在代替服務中