前回は、今が旬のブロッコリーを使った簡単作り置きレシピをご紹介しました。今回は男性が大好きな肉じゃがを、作りおき向きにアレンジした一品をお届けします。

男性が彼女に作って欲しい定番メニューと言えば、“肉じゃが”ですよね。

実は、肉じゃがは作り置きが可能。時間があるときにたっぷり作っておけば、彼が突然遊びに来ても安心です♡

ポイントは牛肉や豚肉のコマ切れを使わずに、ひき肉を使うこと。塊の肉は、時間がたったり、温め直したりしたら固くなってしまいますが、ひき肉ならばその心配が不要なんです!

そして、もう1つのポイントは、片栗粉でトロミをつけておくこと! これで、いつもの肉じゃがよりは冷めにくいので、より作り置き向きになります。

 

■材料:作りやすい分量

■鶏ひき肉・・・150g

■玉ねぎ・・・1/2個(100g)

■じゃがいも・・・4〜5個(450g)

■人参・・・1/2本(75g)

■(あれば)茹でた絹さや・・・5〜10枚

■生姜(みじん切り)・・・1片

■ゴマ油・・・大さじ1

Aだし汁・・・300cc
A醤油・・・大さじ2と1/2
A酒、みりん、砂糖・・・各大さじ1

B片栗粉、水・・・各小さじ2

 

■下準備

・玉ねぎはくし形切りに、人参は皮をむいて乱切りにしておきます。

・じゃがいもは皮をむいて乱切りにし、水に放っておきます。

・絹さやは塩茹でし、千切りにしておきます。

 

■作り方

1、フライパンにゴマ油を熱し、生姜とひき肉を入れて炒めます。

2、ひき肉の色が8割がた変わったら、水気を拭いたじゃがいもと人参・玉ねぎを加えて、更に炒めます。

3、じゃがいものフチが透き通ってきたら、Aを加えて火を強めます。沸騰したらアクを取り、中火にし、落とし蓋をして15分ほど煮込みます。

4、落とし蓋を取り、底が見えるまで煮詰めたら弱火しに、合わせておいたBを回し入れます。全体を優しくかき混ぜ、トロミが出たら、出来上がりです。

5、器に盛り、絹さやをトッピングして、お召し上がり下さい。

 

■ポイント&メモ

1、鶏ひき肉は、豚ひき肉でも代用可能です。

2、じゃがいもをフライパンに入れる時は、キッチンペーパーで水気をよく拭くと、油はね防止になります。また、じゃがいもはフチが透明になるまで炒めて下さい。味の染みがグンとよくなります。

3、私は、クッキングシートを使用しています。その他にも、アルミホイルに数カ所穴を開けたものを使用してもOKです。

4、食材は、できるだけ大きさを揃えて切って下さい(じゃがいもは大きめでも◎)。大きさがバラバラだと火の通りも味の染み方も違うため、出来上がりの味がバラバラしたものになってしまいます。また、鍋よりもフライパンの方が、均一に火が通るため、オススメです。

3、日持ちは、冷蔵保存で3〜4日です。

 

いかがでしたか? 今回は肉じゃがを、より作り置き向きにアレンジしてご紹介しました。作り置きって便利だけど、美味しくなくちゃ意味がないですよね! 今回ご紹介したレシピなら、作り置きでも彼の胃袋をガッチリ掴めますので、ぜひお試し下さいね!

【画像】

※ (c)Nosh

【関連記事】

※ 簡単&ヘルシー!もやしのピリ辛♡肉味噌和え【つくおきレシピ#2】

※ さっぱりおいしい!チキンの梅照り焼き【つくりおきレシピ#1】

※ 発酵いらずで簡単!ウインナーとキノコのピザ【おもてなしレシピ#14】

※ チーズがトロ〜リ♡重ねて焼くだけ「パングラタン」【おもてなしレシピ#13】

※ 彼とアツアツ♡冷蔵庫のありあわせで作る「カレーうどん」レシピ