友達や家族と一緒に(画像は公式サイトから)

写真拡大

横浜赤レンガ倉庫(横浜市)では、ドイツの春祭りを再現した毎年恒例のイベント「YOKOHAMA FRUHLINGSFEST(ヨコハマ フリューリングスフェスト)2017」が、2017年4月28日から5月7日まで開催されます。

飲んで、食べて、体験しよう

5回目を迎えるこのイベントは例年のドイツビール・フードが中心の構成に加え、アトラクション数を増やし、より本場ドイツのイベントに近づけました。

これまでは子ども用のみでしたが、全7種のアトラクションのうち、大人も子どもと楽しめる乗り物が3つ登場します。振り子の動作で上下の浮遊感を楽しめる「海賊船」と、てんとう虫を模った4機の乗り物が旋回する「レディー・バード」はことし初登場。また、昨年好評だったドイツ製のメリーゴーランドも、家族で乗れる大きさにパワーアップしています。

ビールは、春を祝うために作られた「アインガーマイボック」と、ドイツ北部の醸造所メッツェラーの「ランドビア」が日本初上陸。「アインガーマイボック」はイベント開催中しか味わえない希少なビールです。

さらに、ことし日本初上陸した、ワッフルコーンの中をチョコレートでコーティングし、飲み物等のカップとして楽しむハイブリッドスイーツ「コーンショット」は絶対食べておきたいひとつ。SNS映え間違いなしです。

そのほか、ドイツで春を告げる野菜と言われている「シュパーゲル(ホワイトアスパラ)」や、ペースト状のコンビーフとポテトをまとめたハンブルク地方の伝統料理「ラプスカウス」をはじめ、名物のソーセージや菓子パンの他、フレッシュジュースなどのノンアルコールドリンクも充実するので、お酒が飲めない人や、子どもも楽しめますよ。

開催時間は11時から21時30分まで(アトラクション、物販店舗は21時まで)。入場料は無料です。

詳細は公式サイトへ。