ポスタービジュアル (C)山本幸久/集英社
「笑う招き猫」製作委員会

写真拡大

 清水富美加と松井玲奈が共演し、山本幸久氏による小説すばる新人賞受賞作を映画化した「笑う招き猫」の予告編が、このほど完成した。若手漫才コンビ「アカコとヒトミ」の高城ヒトミ(清水)と本田アカコ(松井)が、つかみ合いのケンカを繰り広げる模様を収めている。

 清水と松井が漫才コンビ役に初挑戦。お笑いの世界で奮闘し、挫折しながらも固く結ばれた女の友情を糧に夢を追いかける青春物語を紡ぐ。「荒川アンダー ザ ブリッジ」「大人ドロップ」の飯塚健が監督・脚本を務め、映画公開に先駆けた全4話のテレビドラマが放送されている。

 コンビ結成5年目のヒトミとアカコは、小劇場の片隅で常連客に向け漫才を披露する日々を送っていた。ある日、ネタ合わせをする河川敷で自転車窃盗犯を捕まえたことから、2人の冴えない運命は回り始める。バラエティ番組初出演、大学時代の旧友との再会もありつつ、売れる兆しが見えてきた矢先、ある事件が原因で糸が切れた凧のように不安定になってしまう。

 映像では、降りしきる雨の中に躍り出たヒトミが「私はお嬢様じゃないからさ、暢気に夢語ってるだけじゃ生きていけないんだよ」と不満を露わに。対するアカコは、「わかるはずないか、ヒトミには」「だって知らないじゃん。人がいなくなるってことが本当はどういうことか」ときつい一言を浴びせかけ、言い合いはやがてつかみ合いに発展する。この先のコンビ仲がどうなっていくのか、期待を煽る仕上がりだ。

 映画「笑う招き猫」は、落合モトキ、浜野謙太、前野朋哉、稲葉友、犬飼直紀、中村倫也、角田晃広らが共演。4月29日から東京・新宿武蔵野館ほか全国で公開される。