© Twitter, Inc. 以下同じ

『Twitter』のアカウントが乗っ取られると、ツイートやダイレクトメッセージが勝手に投稿・送信されたり、ログインできなくなったりします。

そうなる前に、Twitterの乗っ取り対策を行いましょう。

Twitter乗っ取りには2つの種類がある

1. アプリ連携による乗っ取り

Twitterとの連携を許可したことで、そのアプリやウェブサービスがツイートを投稿したり、ダイレクトメッセージを送信したりできます。

アカウントそのものが乗っ取られた訳ではありません。連携を安易に許可しないことが大切ですが、もし連携を許可してしまったときは後から取り消せます。
【最新版】Twitterのスパム・乗っ取り対策にアプリ連携を解除しよう

2. パスワードを盗んで乗っ取る

アカウントそのものが乗っ取られたので、取り戻すことは大変です。乗っ取った人物がパスワードを変えたり、アカウントを削除したりする恐れがあります。

今回ご紹介する対策は、こちらの乗っ取りを防ぐもの。被害に遭う前に、対策をきちんと施しておきましょう。

Twitterの乗っ取り対策に「ログイン認証」

ログイン認証を設定すればTwitterにログインする際、パスワードに加えて確認コードが必要になります。

もしパスワードを盗まれてしまっても、この確認コードがなければログインできないので、Twitterアカウントの乗っ取りは難しくなります。

ログイン認証の設定方法

Twitterアプリを開きます。


画面右下の【プロフィール】をタップ。


プロフィール画像の横にある歯車のボタンをタップし、メニューの【設定】を開きましょう。


設定画面で【アカウント】→【セキュリティ】を開き、【ログイン認証】をオン。さらに【確認】をタップします。


【始める】をタップ。


まずTwitterのパスワードを入力します。「新しいパスワード」と書かれていますが、現在ログインに使っているパスワードが必要です。


SMSを受信できる、携帯電話の番号を入力します。


コードがその電話番号宛にSMSで送られます。SMSでコードを確認し、入力しましょう。

iPhoneの電話番号を登録した場合、メッセージアプリに届きます。


最後に【バックアップコードを取得】をタップ。


このコードをメモして、安全な場所に保管しましょう。確認コードを記したSMSを受け取れなくなった場合、このバックアップコードでログインできます。


これでTwitterにログインするときはパスワードのほかに、SMSで送られてくる確認コードも必要になりました。


ログイン認証はすぐに設定できます。万が一に備えてぜひ設定しておきましょう。

参考

ログイン認証の利用 | Twitterヘルプセンター

リクエスト募集中!

AppBankでは、読者の皆さんからの記事ネタを募集しています。
お名前(ペンネーム可)を入力の上、AppBankのライターに書いて欲しい記事ネタを記入し【送信】ボタンを押して、記事リクエストを送ってください。

投稿はこちらから


リクエストページを別ウィンドウで開く