ベッキー

写真拡大

19日放送の「人生のパイセンTV」(フジテレビ系)で、オードリー・若林正恭が、ベッキーに対してとある推測をぶつけた。

この日最終回を迎えた同番組。不倫報道での活動休止以後、番組を離れていた元レギュラーのベッキーが約1年ぶりに出演を果たした。オープニングでは、若林が早速「年始に撮られたんだっけ、長崎の?」とベッキーの騒動に言及。これにベッキーは「地名出した人、初めて!」と動揺する。

ベッキーは2016年1月7日、当時既婚者だったゲスの極み乙女。・川谷絵音との熱愛を「週刊文春」がスクープ。正月に、長崎にある川谷の実家をふたりで訪れていたところを直撃取材された。

さらに若林はベッキーの不倫騒動が報じられる数日前、2015年12月30日付近にあった同番組打ち上げに触れる。このとき、ベッキーはひとり輪から遠く離れ、深刻そうにスマートフォンをずっと見ていた、というのだ。日頃から気遣いあふれるベッキーが、打ち上げの場でスマホを見ているのは珍しいとのこと。その場にいたスタッフはみな気付いており、話し合いの末、「あのときに長崎の航空券を取ってたんじゃないか?」との結論に至ったというのだ。

ベッキーはこの推測に苦笑い。「さすがに、その場でチケットは取ってない」とキッパリ否定したが、最後に若林が「スマホのお相手は?」と追及すると、これにはベッキーも「勘弁してください!」と回答を放棄していた。

【関連記事】
平愛梨 「パイセンTV」によるベッキーへの配慮を称賛「あったかい」
ベッキー かつてゲスの極み乙女。に意味深なツイート「恋のドキドキと同じ」
スクープ連発の週刊文春が狙う次の標的は「歌舞伎俳優」で証拠あり