交通部観光局提供

写真拡大

(台北 20日 中央社)西武鉄道(埼玉県)は18日、新宿線などで運行する電車の車体に台湾発のキャラクターLAIMO(ライモ)や屏東のクロマグロ、澎湖のサボテンなど台湾各地の名物・名所を描いたラッピング電車の運行を開始した。中吊りには台湾観光局の広告が掲載され、訪台観光を呼びかけている。

同社と台湾鉄路管理局の間で結ばれた姉妹鉄道協定2周年を記念して運行。観光局によると、今後3年間運行されるという。すでに多くの利用客が写真を撮るなど、注目を集めている。

18日に行われた出発式には、LAIMOの生みの親、Cherng(チェン)さんが着物姿で出席。運行開始を祝った。

(陳葦庭/編集:齊藤啓介)