キム・ミョンミン&Girl′s Day ヘリ&キム・ミンソク、映画「物の怪」に出演確定!

写真拡大

演技派俳優と売れっ子たちが集まった。映画「物の怪(もののけ)」を通じてだ。信頼できる俳優キム・ミョンミンが引っ張り、映画に活動領域を広げたGirl's Day ヘリとキム・ミンソクが背中を押す。

「物の怪」は朝鮮版怪獣映画で、キャスティングの段階から関心が集まっており、テウォンエンターテインメントが制作する。朝鮮王朝実録に記録された怪獣のストーリーをもとに、王を脅かす物の怪と王座を狙う勢力との戦いを描いた時代劇映画だ。

映画界によると、「物の怪」には信頼できる俳優と売れっ子俳優たちが総出動する。早くも男性主人公としてキム・ミョンミンが出演を確定し、ヒロインとしてはヘリが活躍する予定だ。2016年終了したドラマ「応答せよ1998」で女優として認められたヘリは、「物怪」を通じて映画界にもデビューする。

これでヘリは、今年最も熱い1年を過ごす見通しだ。「期待して(Expectation)」「女性大統領」「Something」「Darling」など、発売する曲ごとに音楽配信チャートを席巻したGirl's Dayとして、27日にニューアルバムの発売を控えている。1年9ヶ月ぶりのカムバックであるだけに、活動期間中は完全に集中する予定だ。

ヘリの所属事務所の関係者は「Girl's Dayの活動が終わった後の4月中旬頃に映画撮影に突入する予定だ」と明らかにした。

そこにキム・イングォンとイ・ギョンヨンが合流して映画をさらに多彩にし、ヘリの相手役としてはKBS 2TV「太陽の末裔」(2016)、SBS「ドクターズ」(2016)、「被告人」(2017)まで、相次いで出演作をヒットさせ、視聴率を保証する役者とされるキム・ミンソクが出演する。