ロマンチックなプロポーズの計画が…(出典:https://www.youtube.com)

写真拡大

人生とは常に予想もしない出来事が降りかかるものだ。恋人への完璧なプロポーズを計画していた男性はその一部始終を動画に収めようと張り切っていたが、途中で予想外のアクシデントに見舞われてしまった。『Elite Daily』が伝えている。

【この記事の動画を見る】

2月11日はダレル・ハミルトン・ジュニアさんにとって、人生の勝負を賭けた日であった。恋人のリアナ・フェイさんにプロポーズをするため、事前にロマンチックなシーンを計画していたからだ。そしてそのロマンスは空の上で行われることとなり、2人はヘリコプターに乗り込んだ。

米カリフォルニア州リードリーでパイロットが運転するヘリコプターから見る美しい風景を堪能しながら、ダレルさんは最高にロマンチックなプロポーズの瞬間を待っていた。もちろんサプライズなのでリアナさんはダレルさんの隠れた計画を知る由もない。

ダレルさん本人が2月21日に投稿したYouTubeの映像によると、空上からの綺麗な景色を撮影したりしてしばらくは楽しんでいた2人だったが、ヘリコプターが旋回するたびにダレルさんは予期せぬ吐き気に襲われ始めた。

もはや空からの景色を楽しむ余裕もなく、嘔吐感をなんとか抑えようと目を瞑るダレルさんだったが、操縦士は景色を指さして説明してくる。隣に座っているリアナさんもダレルさんの異変に気付いた様子もない。

やがて、ダレルさんがあらかじめ作成してあったリアナさんへのメッセージが地上に見えたため、パイロットは2人にその場所を伝えた。リアナさんがそのメッセージを見た瞬間、ダレルさんが指輪を渡すというロマンチックなプロポーズになる予定だったのだが、不運にもダレルさんの嘔吐感は“最高潮”に。それでも地上にカメラを向けているリアナさんの肩を素早く叩き、慌てて箱に入った指輪を見せ「結婚してくれる?」となんとか言い終わった瞬間、ダレルさんは嘔吐した。

リアナさんはプロポーズ自体よりも、その瞬間に嘔吐してしまったダレルさんにかなり驚いたようで、返事をする暇もなく「大丈夫?」と困惑しながら声をかけている。

片手で指輪の箱を持ちながら、もう片方の手でダレルさんにタオルを渡しているリアナさん。おそらくパイロットに気遣っていたのだろう、表情は硬く声をかけてくれたパイロットに苦笑いする場面も捉えられている。ダレルさんはというと、リアナさんに慰められたもののロマンチックなプロポーズがまさかのアクシデントに見舞われるとは…とがっかりした様子だったが、リアナさんが「イエス!」と返事してくれたために気を取り直して彼女の指に指輪をはめた。しかし嘔吐直後であったため、直接キスは交わしていない。

ダレルさんにとって予想外のヘリコプター酔いとなり、ロマンチックな演出のはずがとんだプロポーズとなってしまった。YouTubeには最後の最後まで「早くヘリコプターを降りたい」という様子のダレルさんが映し出されており、なんとも気の毒な感は否めないが、プロポーズ自体は成功し最後にパイロットと3人で記念撮影も終えることができたので良しというところだろう。

地上に降り立ったダレルさんの顔には幸福感と安堵感が見られ、幸せそうに寄り添うリアナさんの左手の薬指には豪華な指輪が光っている。2人の間でこのプロポーズでのアクシデントは、きっと一生語り継がれていくに違いない。

出典:https://www.youtube.com
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)