イ・ソンミン&チョ・ジヌン&キム・ソンギュン主演、ドタバタ捜査劇「保安官」韓国で5月公開確定(動画あり)

写真拡大

イ・ソンミン、チョ・ジヌン、キム・ソンギュン主演のローカル捜査劇「保安官」が、韓国で5月に公開される。

「保安官」は釜山(プサン) 機張(キジャン) を舞台に、自称“町内保安官”のおせっかいな元刑事が、ソウルからやって来た成功者である事業家を一人、麻薬犯人だと疑うことから繰り広げられるローカル捜査劇。

保安官デホ役のイ・ソンミンは“信頼”のアイコンだったこれまでのイメージとは180度異なり、目にも肩にも力の入ったコミカルな姿に注目だ。

平和だった町内に、ある日突然すべてのものを揺るがす台風のように登場する事業家チョンジン役のチョ・ジヌンは、地元民である保安官イ・ソンミンとはさまざまな面で違う姿だ。富とおしゃれの両方を備えた彼は、過去に縁のあった保安官に一目で気付いた後、涙を流してひざまずきお辞儀をするという謙遜さまで兼ね備えている。

デホの家に居候している義弟ドンマン役のキム・ソンギュンは、血より濃い義理で保安官デホのドタバタ捜査の助手を務める役どころ。「恋のスケッチ〜応答せよ 1988〜」よりもアップグレードされた笑いを予告している。

映画「群盗:民乱の時代」の助監督だったキム・ヒョンジュ監督の演出デビュー作となる。個性的なキャラクターと興味深いストーリー、イ・ソンミン&チョ・ジヌン&キム・ソンギュンの演技派をキャスティングさせて新たな面白さを期待させる「保安官」は、韓国で5月上旬に劇場でお披露目される。