3月15日から台湾・台北で開催されたフィギュアスケートの世界ジュニア選手権。シニア顔負けのハイレベルな戦いが繰り広げられた女子の主役は、昨年12月のジュニアグランプリ(GP)ファイナルを制したアリーナ・ザギトワ(ロシア)と、世界ジュニアの前回大会覇者である本田真凜だった。


自己ベストを更新する滑りを見せた本田真凜 ショートプログラム(SP)では、第5グループで滑ったザギトワが完璧な演技をして70.58点を獲得。それでも本人は、GPファイナルを0.34点下回る得点に少し不満げな表情も見せた。

 それに対して、最終第8グループの最終滑走者だった本田は、最初のレイバックスピンがレベル3になる取りこぼしがあったものの、 ほぼノーミスの演技で自己最高の68.35点を獲得。ザギトワに次ぐ2位につけた本田は、納得の表情で自分の演技をこう振り返った。

「大会の1カ月前から緊張していたんですけど、昨日、濱田先生に『去年優勝をしているからといって、ひとりだけハンディをもらえるわけじゃない。みんな同じ立場からの勝負だから、自分だけ特別だと思わないようにしよう』と言われてから緊張がなくなりました。

 こっちへ来てからメインリンクでの調整が一度しかなくて、サブリンクの練習では調子が悪いときもありました。でも、(メインとサブで)氷(の状態)が全然違うので、サブで仕上げ過ぎないようにしようと思って、自分の中で調整できていたので、本番に合わせられてよかったです」

 このふたりに続いたのは、スピードに乗ったノーミスの演技で67.78点を獲得した坂本香織。「僅差のノーミス競演」に緊迫感は高まり、翌日のフリーは白熱した戦いとなった。

 最終組4番滑走の本田は、前の3人に少しずつミスが出る嫌な流れの中でも緊張することはなかったという。

「(フリーが)始まる前に、先生から『今日は生放送だから(妹の)望結(みゆ)と紗来(さら)が観ているはず。しっかり憧れのお姉ちゃんと言ってもらえるような演技ができたらいいね』と言われました。テレビカメラがずっと近くにありましたけど、『ふたりとも観ているかな』 と思ったら全然緊張もしなくて、演技もあっという間に終わった感じです」

 SP同様に濱田美栄コーチの言葉でリラックスした本田は、伸びやかな滑り出しから最初の3回転ルッツと3回転フリップ+3回転トーループをしっかりと決め、SPでは取りこぼしたレイバックスピンもレベル4にして流れに乗った。さらに、ステップも柔らかでメリハリのある滑りでこなすと、後半のジャンプも次々と成功させ、最後のダブルアクセルからの3連続ジャンプを決めた瞬間には笑みも浮かんだ。

 結果は、ノーミスの演技でフリー自己最高の133.26点。総合得点でも201.61点と自身初の200点台に乗せ、会心の演技に本田は涙を流した。

 その演技が、残るふたりの選手にも火をつけた。

 ザギトワはフライングキャメルスピンとステップを余裕を持ってこなすと、得点が1.1倍になる後半で3回転ルッツ+3回転ループなど、ジャンプを次々に成功。こちらもノーミスの演技で自己最高の138.02点を獲得し、GPファイナルを1.17点上回る総合得点208.60点で首位に立った。

 そして、最終滑走の坂本も「他の選手は5つも6つも後半にジャンプを入れているから、2個しか入っていない私は不利だと思う。ただ跳ぶだけではなく、流れのある出来栄え点をもらうジャンプで勝負をしたい」と話していた通り、スピードのあるノーミス演技で総合得点を195・54点として、3位を確保した。

 中野園子コーチから「表彰台へ上がらなければ来年シニアへはいかせない」と言われていたという坂本は、「絶対にノーミスにする」「表彰台に上がる」という強い気持ちを見せた。前のふたりが高得点を出した後の最終滑走で、堂々と演技をした度胸のよさは、賞賛に値するものだろう。

 連覇を狙った世界ジュニアの熱戦を2位で終えた本田は、今大会の演技をこう振り返った。

「ショートもフリーも自分の目指す演技ができました。特にフリーはスピンもステップもすべてレベル4が取れたので、次につながる部分もたくさんあると思います。この演技を観て、望結はたぶん褒めてくれるでしょうけど、紗来はけっこう辛口なので順位のことを言ってくると思います(笑)。

 私はノーミスの演技ができるのが、1年を通しても、練習を含めて片手で数えられるくらいしかないんです。でも、今回は『できる』という感じがあってその通りにできたのと、 点数もついてきたのでよかったと思います。それでも、やっぱり優勝したかったなという気持ちが同じくらいあって……」

 悔しさを露わにした本田は、顔を上げると「今、吹っ切れたので、もう大丈夫です」と明るく笑った。そして「今大会は楽しみながら演技ができたので、次は、ずっと目標としていた『五輪で金メダルを獲る』という夢に向かい、来シーズンは強気に駆け抜けていきたいと思います」と宣言した。

 SPの技術構成には制限があり、フリーはコレオシークエンスが入っていないジュニアでの200点獲得というのはハイレベルな結果だ。さらに今回、本田はSP、フリーともに演技構成点はザギトワを上回る結果だった。ザギトワは、ISU(国際スケート連盟)公認大会ではないもののシニアのロシア選手権で総合得点221. 21点を出しているが、本田もそれに近づく可能性を秘めていることを証明した。


優勝したザギトワ(中央)に続き、表彰台を獲得した本田(左)と坂本(右) 本田の200点超えに関して、濱田コーチは「もともと身体能力が高く、うまくいけば210点までいける能力を持っている子だから、ビックリするようなことはないです。天才肌だから気持ちをどう持っていくかだけですが、シニアへ行っても、今は7点台のファイブコンポーネンツを、早い段階で8点台にするのも十分可能だと思っています」と、これからのさらなる成長に期待する。

 たしかに、世界ジュニアの連覇はひとつの目標だったが、本田にはそれよりも大きな目標が先に待っている。その意味では今回、来季以降のシニアでの戦いに大きな期待を持てる戦いをしたといえる。

 本田、坂本だけでなく、4月に左脛(すね)を骨折してジャンプを跳び始めたのは6月からだった白岩優奈も、フリーでは踏ん張り174・ 38点を獲得した。昨年末から腰が疲労骨折のような状態になり、今も痛みは引かず背中にも違和感があるという状態ながら、5位という結果を残した。

 今回の世界ジュニアは、ザキトワ以外のロシア勢は6位、10位と失速する予想外の展開だった。また、平昌五輪には年齢制限で出場できないが今後の大化けを予感させるようなイム・ウンス(4位・韓国)の台頭もあった。そんななか、本田が2位、坂本が3位と、日本女子ジュニア勢の充実ぶりを示す大会でもあった。

■フィギュアスケート 記事一覧>>

■フィギュアスケート特集ページ>>