華原朋美

写真拡大

20日放送の「PON!」(日本テレビ系)で、マツコ・デラックスが、華原朋美による「T・K」をめぐるトークに困惑。思わず「この話使える?」とスタッフにお伺いを立てる事態となった。

番組では、華原がバラエティ番組「月曜から夜ふかし」収録前のスタジオに潜入し、マツコとテレビ初共演を果たす様子を放送した。その中で、華原がマツコに、「他局なんですけれどもT・Kがお世話になりました」と語りかけた。「T・K」とは、華原の元恋人である音楽プロデューサーの小室哲哉のことだ。小室は1月10日放送のバラエティ番組「マツコの知らない世界」(TBS系)でマツコと共演し、そのヒット術を明かしている。

華原は続けて、小室が手掛けた自身の代表曲「I'm proud」の制作秘話を展開するも、マツコは着地点の見えない話に巻き込まれ、困惑しきった表情を浮かべ始める。マツコはそれでも華原に合わせていたが、ようやく話が完了したところで、画面外のスタッフに向かって「この話どこまで使えるの?」「大丈夫?」と思わず尋ねてしまい、スタジオをウケさせていた。

【関連記事】
遠藤章造が華原朋美の過去の“奇行”を暴露「ホンマに頭おかしかった」
華原朋美 小嶋陽菜を事務所の「先輩」だと告白「一回解雇されてるんで」
華原朋美の尽くしすぎる愛に出演者がドン引き「パンツ穿かせてあげる」