古舘伊知郎氏

写真拡大

19日放送の「フルタチさん×Mr.サンデー合体SP」(フジテレビ系)で、フリーアナウンサー古舘伊知郎氏が、宮根誠司氏と8年もの間一切の連絡を断っていたことが明らかとなった。

番組では、古舘氏がMCを務めるバラエティ番組「フルタチさん」と、宮根氏がMCを務める情報番組「Mr.サンデー」が合体し、両MCが共演することになった。

オープニングで古舘氏が「(ふたりは)あんまり仲良くないですからね」と早速冗談を飛ばすと、宮根氏は「あなたが私の連絡を遮断したんですよ!」と声を張り上げた。なんでも、古舘氏は報道番組「報道ステーション」(テレビ朝日系)のキャスターを務めている間、宮根氏のメールや電話を8年間も完全無視し続けていたというのだ。この話にスタジオの面々から古舘氏を非難する声があがった。

しかし古舘氏がそうした態度を取ったのにも意図があったという。古舘氏は華やかな芸能界の空気に触れてしまうと、そちらに引きずられてしまうと危惧し「絶対自らを律するために、まず宮根とクスリを断つ!」と、決して業界に染まらない心持ちでいたのだとか。

古舘氏は続けて、宮根氏が長寿番組「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)を図太く仕切る様子を真似て、「俺はあんな司会者になりたくないと思ったんだ!」と一言。この発言に、当の宮根氏をはじめ、スタジオは笑いに包まれていた。

【関連記事】
古舘伊知郎氏がテレ朝アナウンス部のスパルタぶりを明かす「封建的だった」
古舘伊知郎氏が未経験の報道に挑んだワケ「成長したいなら得意技を捨てろ」
古舘伊知郎氏 新番組「フルタチさん」の不安を吐露「裏番組がめっちゃ強い」