満島真之介

写真拡大

3月18日に公開されたアニメーション映画『ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜』。2020年、東京オリンピックの3日前に起きた事件をきっかけに、主人公の女子高生が夢と現実を行き来する不思議な旅に出る物語で、高畑充希が声優を務めているのも話題の一つだ。

『ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜』満島真之介インタビュー

そして、主人公と共に旅する理系オタクの声を務めているのが、注目若手俳優の満島真之介。ムビコレでは、そんな彼を直撃! 声優体験などについて語ってもらった。

共演者・高畑が「太陽みたい」というほど明るいキャラクターの満島は、役作りにもオープンマインドで取り組んだそうで、「オープンな状態で入るというのが一番大事かなと思った。基本的にオープンになれるような状態をどこで作れるかというのを考えていました」と役作りについてコメント。

また、劇中では岡山弁を披露しているが、「今でこそ標準語が喋れるようになったけど、(標準語は)外国の言葉を話しているような感じでした」と、沖縄から上京し、標準語をマスターするまでの苦労についても語ってくれた。