カイル・マクラクランが来場!

写真拡大

 1990〜91年にオンエアされ、社会現象を巻き起こすまでの大ヒットとなったドラマ「ツイン・ピークス」をテーマにした“ツイン・ピークス・ロッジ”が3月16、17日(現地時間)の2日間、米テキサス州オースティンで開催中のSXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)に出現。主人公クーパー捜査官役のカイル・マクラクランが登場すると、集まったコスプレイヤーを含む熱狂的なファンから歓声が起こった。

 このイベントは、米国のテレビ局SHOWTIMEが5月21日から放映するシーズン3のプロモーションの一環として、映画、音楽、インタラクティブを主軸とするSXSWで実施した企画。バーレストラン「Clive Bar」をドラマに登場するロッジに見立てたメイン会場のほか、「ダブルRダイナー」のポップアップショップも併設され、主人公が好んで食すチェリーパイやドーナツ、コーヒーが無料で振る舞われた。正午のオープンにもかかわらず、早朝から並ぶファンも多く長蛇の列ができていた。

 ロッジでは、デビッド・リンチ監督がデザインを手がけたバッチほかTシャツ、ニットキャップなどが無料で先着250人に配布された。25年ぶりの新シリーズにもクーパー捜査官役で出演するマクラクランは、ダブルRダイナーやロッジを訪問し、地元の警察官らと記念撮影をするなどイベントを盛り上げた。

 ロッジ内のステージでは2日間にわたり、ニーコ・ケースやジュリー・バーンズといったミュージシャンたちによるセッションが行われた。16日夜の部の「リアル・エステート」のステージでは、アンジェロ・バダラメンティが作曲した「ツイン・ピークス」のメインテーマにのってマクラクランが再び登場。しかし、シーズン3のストーリーに関して言及することはなく、その内容はいまだ謎のベールに包まれたままだ。

 米国の放送は5月21日スタート、日本ではWOWOWで今夏に放送予定。(立田敦子)