17日、騰訊網によると、西安市地下鉄に手抜き工事疑惑が発覚したが、市担当者は「安全性に問題はない。ご安心を」している。西安市地下鉄3号線の電気ケーブルは国家基準に合わない粗悪品だとのネット告発が注目を集めている。写真は西安の地下鉄。

写真拡大

2017年3月17日、騰訊網によると、西安市地下鉄に手抜き工事疑惑が発覚したが、市担当者は「安全性に問題はない。ご安心を」している。

陝西奥凱電纜有限公司の従業員を名乗る人物のネットでの書き込みが注目を集めている。同社が納入した西安市地下鉄3号線の電気ケーブルは国家基準に合わない粗悪品であり、安全面に問題があるという。

陝西奥凱電纜有限公司は「書き込みは事実とは異なる」との声明を発表。業務妨害だとして警察に届け出た。17日には西安市政府が記者会見を開き、電気ケーブルの検査を行い結果を公表すると約束した。また現時点で地下鉄に危険はないとして「市民は安心してほしい」と訴えている。(翻訳・編集/増田聡太郎)