石黒英雄が扮する主人公ディミトリ (C)水城せとな/「黒薔薇アリス」小学館
フラワーコミックスα/舞台「黒薔薇アリス」
製作委員会

写真拡大

 水城せとな氏のコミックを舞台化する「黒薔薇アリス」の主要キャスト7人を捉えたビジュアルがお披露目された。

 「黒薔薇アリス」は、月9ドラマ「失恋ショコラティエ」や映画「脳内ポイズンベリー」などの原作でも知られる水城氏の人気コミックで、「吸血樹」と呼ばれるバンパイアに生まれ変わった女性アリスが、吸血樹たちと暮らす洋館での日々を美しくも切なく描くラブストーリー。主役のとなる若手オペラ歌手のディミトリ・レヴァンドフスキを石黒英雄、ヒロインのアリス/アニエスカ役を入来茉里が務める。

 ビジュアルは石黒、入来のほか、レオ役の秋元龍太朗、双子の兄・櫂役の杉江大志、双子の弟・玲二役の柏木佑介、生島光哉役の野嵜豊、鳴沢瞳子役の名塚佳織という主要キャスト7人が、それぞれが演じるキャラクターに扮した姿を捉えている。あわせて、CM映像がYouTubeで公開されている。

 舞台「黒薔薇アリス」は東京・Zeppブルーシアター六本木で5月12〜21日に上演(17日は休演)。計14公演。