アイラインが「滲む&とれちゃう」問題が起こりがちな人がやってるNG法

写真拡大

女性の中には、「アイライン命!」と言わんばかりに、気合の入ったラインやアーティスティックなラインをひいている人をチラホラ見かけます。

そんなアイライン大好き女性たちの悩みどころの1つとして、“滲む” “とれてしまう”という問題が。アイラインをひくことでパッチリと目を強調できるのがメリットなのに、滲んだり落ちてしまっては本末転倒。

そこで、そんな悩める女性たちに向けて、メイクアップアーティストである筆者が、アイラインの“滲む&とれちゃう”人がやっているNG法とあわせて、その対策もご紹介します。

奥二重 or 一重でNOTウォータープルーフ

最近は、まつげエクステをつけている人も多いため、落とすときにオイルなどを使用するウォータープルーフタイプのアイテムは敬遠されがちです。

しかしながら、奥二重や一重の人は、現実的にそんなことは言っていられません。なぜならば、奥二重や一重のまぶたは、まばたきするたびにアイラインにかぶってしまっている状態。

そこで、奥二重や一重の人は、最初のアイテム選びからが肝心。どれだけしっかりパウダーをつけていても、それだけまばたきで摩擦を引き起こしていては、まぶたについてしまっても仕方がありません。

いえ、むしろ必然といえるでしょう。そのため、汗水に強いウォータープルーフタイプのアイライナー、もしくは、スマッジプルーフタイプの、普通のものより落ちづらいけれど、クレンジングは、お湯でサッと落とせるタイプのものを選ぶのが吉。

そういったものは、リキッドタイプやジェルタイプだけなんじゃ? と思っている人も多いかもしれませんが、実は、近年、ペンシルタイプでも優秀で落ちづらいアイテムが登場しているので、バリエーション豊かでメイクの幅は狭まることなく楽しめます。

二重の人も午後からは油断禁物

二重の人は、比較的、難なくアイラインのこれらの問題をクリアできると思われがちですが、そんな二重の人たちも避けて通れないのが、午後をすぎたあたりからの、下まぶたがうっすら黒ずんでくるパンダ目現象。

また、夕方くらいになってくると、ウォータープルーフタイプのアイライナーを使用している人でもパンダ目現象が起こることも……。それはやはり、時間が経つとともに、目周りの皮脂が少なからずメイク崩れを助長させていることに違いはありません。

ウォータープルーフタイプのものを使用していたとしても、ポロポロと粉末状になって下まぶたに落ちていた経験はありませんか? それは、まぶたに付着していたアイラインが時間が経つとともに塊になり、付着量の多い部分がポロリと落ちることがあるため、パンダ目現象に拍車をかけてしまいます。

ですから、ウォータープルーフタイプといえど、“永遠に落ちない”というのは都市伝説レベル。

これを回避するためには、午後に鏡でチェックする際、目元に粉末状になっているものがあれば、早急に払っておくということが1つ、そして、下まぶたの皮脂が気になりだす時間でもあるので、フェイスパウダー、あるいはアイシャドウで下まぶたのサラサラ感をキープしておくこともポイントです。

また、アイラインの上にパウダーやアイシャドウを重ねておくのも効果的です。

みなさんに共通して言えることは、メイク前のスキンケアで乳液やクリームを使いすぎていると、アイメイクもさることながら、全般的にメイク崩れを引き起こす原因になります。特に目元につける量は、要注意!

メイクの中でも遊びがきくアイライン。滲みやとれちゃう悩みにさよならして存分に楽しんでくださいね!

【画像】

※ Re_sky / shutterstock

【筆者略歴】

黒木絵里

外資系化粧品メーカー2社を経て独立。現在「Eri Kuroki Make-up solution」代表として人材育成やメイクセミナー、コスメ・メイク監修などの美容コンサルティング業務をおこなっている。