皆さん、バレンタインのお返し貰いましたか?

職場の同僚など近い距離にいる男性なら、礼儀でホワイトデーにお返しをしてくれたかもしれません。

でも、そうではない男性がお返しをくれなかったら、しかも、それが本命チョコだったら、お返しがないとかなり凹みますよね。

男性はなぜホワイトデーのお返しをくれないのか。今回は、お返しをくれない男性心理を探り、あなたにお返しをくれなかった理由を紐解いてみましょう。

 

■好きじゃないから

バレンタインのお返しをくれないと、やっぱり思ってしまうのは「好きじゃないから?」ということ。

好きではない女性へお返しをすると、勘違いをされてしまう恐れがあるため、お返しをあえてしない男性もいるのです。

本命とわかるチョコをあげたのに、お返しをくれなかったら、いらぬ期待を持たせないため、ホワイトデーは“スルー”したのかもしれませんよ。

 

■照れくさい

諸外国に比べると、日本人男性はシャイと言われますね。

実際、ジェントルマンに振る舞うことに照れを感じる男性は、非常に多いのではないでしょうか。

そんなシャイな性格は、バレンタインのお返しであるホワイトデーにも影響しています。

お返しをしたい気持ちはあっても、どうしても照れくさくて、面と向かってお返しができないと思ってしまうのです。

シャイな男性は、たとえあなたに好意があっても、お返しはしてくれないことがあるんですよ。

 

■習慣がないから…忘れている・お返しの必要はないと思う

ホワイトデーにお返しをしてくれない男性の中には、習慣がないことから、「忘れている・お返しの必要はない」と思っている男性も少なからず存在します。

バレンタインやホワイトデーに縁がなかった男性は、そのイベントに習慣がないために、お返しをする必要がないと思ったり、そもそもホワイトデーを忘れていたりする可能性があるのです。

商戦として定着しているホワイトデーも、人によっては馴染みのないイベントだったりもします。

また、日本の文化ではないイベントに、無関心な男性もいるので、好きとか嫌いとかの前に、ただ忘れているだけか、お返しの必要はないと思っているだけかもしれませんよ。

 

■「わからないからもういいや!」お返し選びに頭がパンクしちゃう

お返ししたくて買い物に行ったのはいいものの、何をお返ししてよいかわからず、頭がパンクし、「もういいや」という結論に至り、お返しをしない男性も中にはいるのです。

女性へのプレゼントほど、男性を悩ますものはありません。特に、好きな人へのプレゼントは、考えが堂々巡りし、頭がパンクしてしまうことも……。

“無難”なモノが見つからないのもその理由の一つで、「ダイエット」が口癖の女性へ、甘いものをプレゼントするのは気が利かないようにも感じ、だからといって、それ以外には思い当たる良いモノなどなく、頭がパンクしてしまうのです。

気持ちが大切なのでしょうが、「コレだ!」とお返しの品を決定できない優柔不断な男性も、お返しをしないことがあるんですよ。

 

最近では、バレンタインは友人や自分にのみ与え、男性に渡さない女性も増えています。

それでいて、いざ勇気を振り絞りプレゼントしたにも関わらず、お返しがないのは寂しいですよね。

好きじゃないからお返しをしない男性の他にも、様々な理由でお返しをしない人、お返しをしたくてもできない人がいますので、凹み過ぎないようにして下さいね。

【画像】

※ F8 studio/shutterstock

【関連記事】

※ これぞ理想!男性が「疲れているとき」に彼女にしてほしいこと

※ ソレ、勘違いかも…男が「本気度が低い女性」にとる意外な行動

※ 喜ばれたい!男が「エッチ上達」のためにコッソリにしていること

※ これってもしかして…男が彼女の「浮気」を疑う瞬間

※ 脈なし確定?男が興味のない女子に送る「社交辞令LINE」

※ 猫のように気まぐれ!男がコロッと落ちる「魔性の女」の特徴