【警告】なし
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】今野泰幸(G大阪)

写真拡大 (全4枚)

[J1リーグ4節] ガンバ大阪 1-1 浦和レッズ
2017年3月19日/市立吹田サッカースタジアム
 
【チーム採点・寸評】
G大阪 5.5
シュート4本とほとんどチャンスを作れなかったが、その中で手にした勝利まであと3分間のアディショナルタイムを守り切れず……。センターラインが安定し、3ボランチが徐々に攻撃面で噛み合ってきたのはプラス材料に挙げられる。ただ2トップが新布陣のなかで生きていない。

【G大阪1-1浦和 PHOTO】G大阪、今野のゴールで先制するも土壇場のPK献上で浦和とドロー!
 
【G大阪|採点・寸評】
GK
18 藤ヶ谷陽介(73分OUT) 5.5
今季初出場で、再三放たれたシュートを止め続けた。しかし左足の肉離れを起こして途中交代。「情けない。チームに迷惑をかけてしまった」と試合後、悔しそうに語った。
 
DF
2 三浦弦太 5.5
R・シルバへの対応に専心。一発のキックで逆サイドを攻略する“弦太フィード”はなく、チャンスではクロスをミスする場面も。

3 ファビオ 6.5
常に動いてラインをコントロールしながら、興梠の背後を突く動きにもしっかりついていた。
 
6 金 正也 5
常に後方でひとり余っている状況で、もう少し、攻撃に関与したかった。ミスパスからピンチを招き、フィードミスも目についた。

MF
22 オ・ジェソク 6(82分OUT)
ほぼ5バックの形で守備を固め、関根の突破を身を挺して辛うじて阻止した。豪快に攻め上がり、精度の高いクロスで今野弾をアシストした。
 
7 遠藤保仁 5.5
中央の危険なエリアを確実に埋めて、完全に崩されるシーンはなかった。一方で、期待されたパスやフィードで“一発で崩す”プレーを見せられなかった。
 
10 倉田 秋 5.5
意欲的にアップダウンと攻守の切り替えをして、先制点の起点になるパスを放つ。しかし後半アディショナルタイム、宇賀神のシュートに身を投げ出した際にハンドのファウルで、PKを与えてしまった。
 
15 今野泰幸 7 MAN OF THE MATCH
前から積極的にプレスをかけて、浦和の守備陣に自由にビルドアップをさせなかった。チャンスを見逃さずヘディング弾で先制。しかし「まだまだやるべきことがあると実感した」。
 
35 初瀬 亮 5
相手のプレッシングをかいくぐり何度かチャンスになりかけたが、クロスが大きく逸れる場面も。テクニックはあるが、全体的に中途半端だった。
 
FW
9 アデミウソン5 
高い位置でボールを収めた際は脅威を与えるのだが……。周囲との連係が物足りず、単独で仕掛けては止められ続けた。
 
20 長沢 駿 5(89分 OUT)
前線のターゲット役となる。両チーム最高の192センチの身長を生かして一発が期待されたものの、前線で孤立している時間が長かった。
 
交代出場
GK
16 田尻 健 6(73分IN)
藤ヶ谷の負傷交代により、J1デビューを果たす。押し込まれる展開のなか、落ち着いたプレーを披露。だがアディショナルタイムにR・シルバにPKを決められてしまった。試合後、サポーターの熱い声援に思わず涙を浮かべた。
 
MF
8 井手口陽介 ―(82分IN)
開幕戦以来の出場。球際には強く当たりに行けていたものの、1点を守り切れず。試合後は無言で会場をあとにした。
 
MF
53 赤粼秀平 ―(89分IN)
移籍加入後、さっそく新天地デビュー。プレッシングをかけて浦和のビルドアップを封じた。

監督
長谷川健太 5.5
GK交代により、1枚フィールドプレーヤーのカードを使えなかったのは誤算だったか。
 “3ボランチ”の活かし方が具体的に見え出した一方、2トップをほとんど生かせずにいるのは課題だ。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
【チーム採点・寸評】
浦和 5.5
「監督が相手の戦いに応じた布陣や戦い方をしたのは珍しい」(槙野)と、興梠&R・シルバの2トップで臨んだ。相手の長所を消しながらチャンスを作り出せたものの仕留め切れず。先制を許して、G大阪相手に繰り返してきた負けパターンになりかけただけに、最後に追い付いたのはプラス材料。ただ、またも今季初の無失点がおあずけになった。

【浦和|採点・寸評】
GK
1 西川周作 5.5
またも無失点はならず。相手の決定機は限られただけに、なんとか失点シーンも未然に防ぎたかった。前半途中に傷めた足を気にしていたのが心配だ。
 
DF
46 森脇良太 5.5
周囲と連動し合いながら攻撃に加わるのが持ち味だが、その過程でミスが続いた。チームに良いリズムをもたらせなかった。

6 遠藤 航 5.5
前線からのプレスがかからなかったこともあるが、ラインを下げてしまい、全体が間延びしてしまった。前線になかなか縦パスを入れられなかった。

5 槙野智章 5.5
ミドルはクロスバー、ヘディング弾はポストを直撃。しかし守備面では、またもピンチで身体を張れず。失点シーンでは、二回あったボール奪取の機会を逃した。

MF
24 関根貴大 5.5(67分OUT)
長い距離を走ってオ・ジェソクとの1対1を何度も制した。しかし、そのあとのクロスなどのプレー精度が低かった。

16 青木拓矢 5.5(76分OUT)
前半の惜しいミドルはゴールの枠を捉え切れず。守備でも相手のプレスに後手を踏み、チームに推進力を与えられなかった。

22 阿部勇樹 5.5
慎重かつ控え気味にプレーしていた印象。ダイナミックな展開が限られた。
 
3 宇賀神友弥  6.5
疲れが溜まっていたはずの試合終盤に気迫の猛プッシュを見せる。狙いすましたシュートが倉田の手に当たりPKを獲得した。
 
30 興梠慎三 5.5
R・シルバと2トップ気味に前線でプレー。しかしふたりで前掛かってしまい、普段のような連係を見せられなかった。こぼれ球に反応した決定機も逃してしまった。
 
10 柏木陽介 6
負傷も癒え、開幕の横浜戦以来の先発。トップ下でスタートし、質の高いパスを供給。ただ相手のプレスの餌食になり逆襲を食らう場面もあった。ボランチに入ってから、より持ち味を発揮した。
FW
8 ラファエル・シルバ 6.5
2トップ気味にプレーしたが、なかなか柏木や興梠と噛み合わなかった。それでも徐々に脅威を強め、アディショナルタイムにPKを決める。これで開幕から4試合連続ゴール、通算5点目はリーグトップ。

交代出場
MF
18 駒井善成 6(67分IN)
逆襲の切り札として右ウイングバックでプレー。チームに勢いを与え、前線を活性化させた。

FW
9 武藤雄樹 -(76分IN)
柏木のプレーしていたトップ下気味のポジションに入る。積極的に仕掛けたことが、同点ゴールの呼び水となった。

監督
ペトロヴィッチ 6
G 大阪の3バックを攻略するため、2トップを採用。本来の流れるような連係は見せられなかったものの、相手の特長を消すことに成功。最後に辛うじて追い付いてみせた。ただ、この日の決して出来の良くないG大阪であれば……、普段の3-4-2-1でのプレーを見たかった気もした。

取材・文:塚越 始(サッカーダイジェスト編集部)

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。