18日、台湾の女性歌手ジョリン・ツァイが、昨年破局したビビアン・ドーソンと復縁する可能性はないと語っている。

写真拡大

2017年3月18日、台湾の女性歌手ジョリン・ツァイ(蔡依林)が、昨年破局したビビアン・ドーソン(錦栄)と復縁する可能性はないと語っている。東森新聞網が伝えた。

【その他の写真】

ジョリン・ツァイはMV共演をきっかけに、10年にモデル兼俳優のビビアン・ドーソンとの交際をスタート。台湾を代表する歌姫と、当時は無名だった男性モデルの“格差交際”に、世間からの声は長続きしないというのがほとんどだった。だが予想に反して、2人の交際は昨年6年目に突入。しかし、結婚間近と思われていた矢先の11月に破局が明らかになった。

18日、台北市でコスメブランドの発表会に登場したジョリン・ツァイが、破局について改めて触れた。ビビアン・ドーソンが先日、2人の復縁について「未来のことは分からないので、もしも縁があれば」と話したことが話題に上ると、直接のコメントは回避。しかし、「過去に恋人とよりを戻した経験は?」の質問に、「一度もない」と断言し、復縁の可能性をあっさり否定している。

03年の主演ドラマを最後に、歌手活動だけにまい進してきたジョリン・ツァイだが、最近は映画出演の話題が浮上し、ファンに注目されている。女優業に強い関心はないというが、「もし興味の持てる作品なら、試してみるのもいいと思う」と語っている。(翻訳・編集/Mathilda)