彼氏チェックはさりげなく!「2人きりの時にわかる」男性の脈あり行動5つ

写真拡大

女性からはわかりにくい、男性の「脈あり行動」。
当然ながら男性個人によって千差万別ですが、やはり一定の傾向はあります。

この記事では、気になる女性と二人きりになった男性が、思わずとってしまう「脈あり行動」をご紹介します。

●(1)無口になる

『気になる女性と二人きりだと、どうしたらいいかわからなくなります』(27歳/SE)

普段はよくしゃべる男性が、二人きりになった途端に無口になる…。
これは一見、脈なしのサインに見えますが、逆に脈ありであるケースも数多くあります。

好きな女性と二人きりになると、男性は何とか女性を喜ばせようとします。

しかし、どうして良いかわからない男性の場合、「下手にしゃべると嫌われるのではないか?」「何をしゃべれば喜んでくれるのか?」など、迷ってしまいます。

何を話すべきかを考えすぎた結果として無口になってしまい、一見脈なしのような行動になってしまうのです。

あなたと二人きりになった時にだけ無口になる男性がいたら、会話に困っているのかもしれません。
少しだけ積極的に話しかけて、男性側をリラックスさせてあげるとよいでしょう。

●(2)よくしゃべるようになる

『好きな人の前だとやっぱりテンション上がっちゃいますね』(31歳/企画)

全く逆のパターンで、あまりしゃべらない男性が二人きりになった途端によく話すようになるケースもあります。
これもいわゆる「脈あり」の行動です。

女性へ積極的に自分をアピールするために、普段より多くしゃべるようになるのです。

話下手な男性が、気になる相手を退屈させない気遣いのためにしゃべるパターンもあります。

このとき、時々声が上ずったり、話題が噛み合わなかったりする場合もあります。
男性側も、女性の気を惹こうと必死なのです。

普段からおしゃべりな男性であれば、気になる女性の前でさらに饒舌になる場合もあります。

いつもしゃべっているせいで脈なしか脈ありかがわかりにくいのですが、話し方がいつもと違ったり、テンションが少し高かったりした場合は、脈ありのことが多いです。

●(3)気遣いをするようになる

『好きな女性にはやっぱり他の人よりも優しくしてしまう』(35歳/会社員)

二人きりになったときに「大丈夫?」「平気?」などと女性を気遣う行動は、脈ありである可能性があります。
どの女性にも満遍なく気を遣う男性であれば話は別ですが、特定の女性にのみより気遣いをするような場合は、かなり脈あり度が高いです。

この時の男性の心理としては、「本当に女性のためを思って気を遣う」ことに加え、「気遣いができる自分をアピールする」という目的があります。
アピールしているということは、脈ありということです。

過剰な気遣いが鬱陶しいと感じる女性もいるかもしれませんが、男性からの必死のアピールと思えば微笑ましいものです。

男性の気遣いを素直に受け取ってあげると、好感度も上がるでしょう。

●(4)他の男のことを気にする

『まずは彼氏がいるのかどうかとか、気になることは聞いておきたいですからね』(29歳/デザイナー)

気になる女性に彼氏がいないか、または元カレを引きずってないか等は、男性サイドの興味の的です。
二人きりになった時にそういった探りを入れてくる男性の行動は、ある意味自然な脈ありサインと言えるでしょう。

例えば「ご飯食べに行った」という話題に、「え、誰と?」と聞き返してくる男性には、脈がある可能性があります。
これは、「何を食べたか」よりも、「誰と食べたか、相手は男か女か」といったことの方を重視しているからです。

似たような心理で、好きなタイプを聞き出そうとするのも、脈あり行動の1つです。