長谷川監督、3バックに手応えを示す…J1デビューのGK田尻は「期待に応えてくれた」

写真拡大

 2017明治安田生命J1リーグ第4節が19日に行われ、ガンバ大阪と浦和レッズが対戦した。

 57分に今野泰幸の得点で先制したG大阪だったが、後半アディショナルタイムにラファエル・シルバのPKで追いつかれ、試合は1−1の引き分けに終わった。

 試合後、G大阪を率いる長谷川健太監督がインタビューに応じている。

「後半は自分たちの時間帯で、ある程度形を作ることもできました。先制することができて、その後は少し守備に追われる時間も長かったですけど、そういった中できちんと身体を張って対応できたと思います」と振り返った。「3バックに変更して、ここまで7試合連戦できましたけど、ある一定の手応えは掴めた」と語り、今後に向けては「しっかりと休んで、再開に向けて準備していきたいと思います」とコメントしている。

 GK藤ヶ谷陽介の負傷により、急遽J1デビューを飾ったGK田尻健については、「良かったですよ。日頃から地道にトレーニングをしている選手で、今シーズンはトレーニングから非常に反応が良かったので、今の健ならやってくれるだろうと。期待に応えてくれたと思います」と称賛した。