▽19日に市立吹田サッカースタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ第4節のガンバ大阪vs浦和レッズは、1-1のドローに終わった。

▽開幕から2勝1分け無敗で2位のG大阪と、2勝1敗で4位の浦和が激突した。G大阪は、藤春がメンバー外となり、オ・ジェソクが先発。その他、ケガから復帰の井手口、鹿島アントラーズから電撃加入の赤崎がベンチ入りとなった。対する浦和は、武藤がベンチスタート。故障で欠場が続いていた柏木が先発復帰を果たした。

▽試合は、序盤から互いに睨み合うような展開となる。遠藤のアンカーシステムを見据えてか、柏木の1シャドーに布陣変更した浦和は7分に決定機。興梠がボックス右から上げた左足のクロスはDFに触られたものの、ファーサイドで反応した柏木が右足ダイレクトで合わせる。しかし、枠に飛ばせない。

▽肝を冷やしたG大阪。引きすぎることなく、適度なライン設定からカウンターで応戦する。そうした流れの中で、13分に左CKのチャンスを獲得。遠藤のクロスにニアサイドの密集地帯で反応した今野が頭で合わせる。これがファーサイドのゴールマウスに向かったものの、惜しくもクロスバーの上に外れてしまう。

▽前半の半ば以降も互いに持ち味を消し合う展開の中で、浦和は金正也のミスパスから絶好機。興梠がバイタルエリア中央から左足を振り抜くが、惜しくもクロスバーの上側を叩く。さらに、37分にもG大阪の連携ミスからゴールに迫った浦和だが、これも先制ゴールに結びつけることができない。

▽前半の終盤にかけても一進一退の攻防が続いた試合は、浦和が前半アディショナルタイムに決定的なシーン。左サイドで起点を作り、相手を押し込んだ状態から槙野が右足のミドルシュートを放つ。クロスバーを叩いた跳ね返りを興梠が頭で押し込みにかかるが、ゴールマウス左の外側に流れた。

▽前半の終盤に続いたミスからリズムを崩しかけたG大阪。それでも、ゴールレスで試合を折り返すと、均衡を破る。敵陣中央からドリブルで持ち上がった倉田が相手を引きつけて左サイドに展開。これを受けたオ・ジェソクの折り返しから、正面で槙野の背後に飛び込んだ今野が頭でネットを揺らした。

▽先制を許した浦和は62分、興梠のポストプレーから同点機。宇賀神がバイタルエリア中央に切り込み、右足のシュートを放つが、GK藤ヶ谷に弾かれてしまう。すると、今度はその直後、G大阪にチャンス。左サイドを突破した長沢がカットインを試みるが、シュートの形に持ち込むことができない。

▽緊迫した展開が続く中、G大阪は73分にアクシデントが発生する。左足を痛めた藤ヶ谷のプレー続行が不可能となり、J1初出場のGK田尻をスクランブル起用。しかし、トップチームデビューの田尻が幾度のピンチにも動じることなく、冷静なシュートストップで浦和に得点を許さない。

▽しかし、後半アディショナルタイム2分、浦和は宇賀神のシュートがブロックに入った倉田の手に当たって、PKのチャンスを獲得。これをラファエル・シルバがゴール右隅に決め切り、土壇場で1-1の同点に追いついた。結局、試合は痛み分けで終了。互いに勝ち点1ずつを分け合い、中断期間に入ることになった。