GK藤ヶ谷陽介は後半途中に負傷交代した

写真拡大

[3.19 J1第4節 G大阪1-1浦和 吹田S]

 J1第4節2日目が19日に行われ、ガンバ大阪が浦和レッズと1-1で引き分けた。

 ともにACLを並行して戦う両チーム。15日にG大阪はホームで江蘇蘇寧(中国、●0-1)に、浦和は敵地で上海上港(中国、●2-3)に敗れてこの日の戦いを迎えた。ただしリーグ戦はG大阪は2勝1分、浦和も2勝1敗とまずまずのスタートを切っている。

 ともにシステムは3-5-2。ただ中盤の構成が異なり、G大阪はMF遠藤保仁をアンカーにして、その前に日本代表に復帰したMF今野泰幸とMF倉田秋を並べる逆三角形。

 一方の浦和はMF阿部勇樹とMF青木拓矢がダブルボランチを形成し、リーグ戦は開幕戦以来欠場していたMF柏木陽介をトップ下で先発復帰させた。

 最初に決定機を迎えたのはG大阪だった。前半13分、左サイドでCKを獲得すると、遠藤のキックにニアに飛び込んだ今野が頭に当てて流し込む。しかしシュートは惜しくも枠上に外れ、先制点にはならなかった。

 浦和も徐々にチャンスを作り出す。しかし前半17分にFW興梠慎三が頭で落としたボールをボレーで狙ったMF宇賀神友弥のシュートはわずかに枠右に外れる。

 前半34分にはDF金正也のパスミスに反応したMF関根貴大のカットから興梠がミドルを放つが、シュートはクロスバーをかすめて枠外に外れる。

 さらに浦和の攻撃は続き、前半45分に開幕から3戦4発と好調のFWラファエル・シウバが裏に抜けてループ―シュートを試みるが、枠を捕らえない。同AT1分にはDF槙野智章が強烈な右足ミドルを放つが、シュートはクロスバーに嫌われた。

 浦和優勢ながらもスコアレスで折り返した後半。G大阪の長谷川健太監督は、ハーフタイムに「最後まで強い気持ちで戦おう」と声をかけて、イレブンをピッチに送り出した。

 すると後半12分だった。倉田がドリブルで持ち上がって左サイドに展開。DFオ・ジェソクがダイレクトでクロスを折り返すと、中央に走り込んだ今野が頭で押し込み、G大阪が均衡を破る。長谷川監督も派手なガッツポーズで先制点を喜んだ。

 浦和は後半22分に選手交代を行い、関根を下げてMF駒井善成を投入。攻撃の活性化を図る。一方のG大阪は、後半24分ごろにGK藤ヶ谷陽介がその場にしゃがみ込む。左足を痛めたものとみられるが、治療を試みて一旦は復帰したものの、同28分にGK田尻健との途中交代を余儀なくされた。6年目GK田尻はトップチーム初出場となった。

 アクシデントに見舞われたG大阪だが、代役GK田尻が奮闘する。後半33分には浦和のカウンターから阿部にフリーでシュートを打たれるが、田尻が好反応ではじき返す。同40分の途中出場FW武藤雄樹のエリア内からのシュートは枠上に外れていった。

 しかし後半アディショナルタイムだった。エリア内で倉田のハンドが取られ、浦和にPKが与えられる。これをFWラファエル・シルバが決めて、浦和が辛くもドローに持ち込んだ。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ