写真提供:マイナビニュース

写真拡大

オリエント時計から、70年代テイストを現代風にアレンジした「Neo 70's(ネオセブンティーズ)」の新作が登場している。税別価格は30,000円または34,000円。

ベースは、エッジを効かせた42mmラウンド型ケースを採用した人気のソーラークロノグラフ「ネオセブンティーズ ホライズン」だ。2時位置と4時位置のボタンを小さくすることで、身に付けやすくしている。金属ダイヤルには、モデル名である「Horizon」(地平線)をイメージした水平ラインの仕上げや、中心が凹んだ6角形の立体的なインデックスを用いた。

新作の1つは、ブラックケースに鮮やかなブルーの文字板が目を引く「WV0081TY」(税別34,000円)。ブラックのメタルバンドを艶消しにして、インデックスの鏡面を引き立てた。もう1つは、ブラック文字板にゴールドを合わせた70年代風カラーの「WV0091TY」(税別30,000円)だ。

共通の仕様として、ケースとバンド素材がステンレススチール、ケースサイズが縦46.6×横42×厚さ11.7mm、風防がクリスタルガラス、防水性能が10気圧。