「でんぱ組.inc」の藤咲彩音

写真拡大

 アイドルグループ「でんぱ組.inc」の藤咲彩音が3月19日、アートブック「あやねいろ」(小学館刊)の発売記念イベントを都内の書店で行った。

 アートブックは、藤咲が観光大使を務める埼玉・秩父で昨年11月に撮影した写真に、詩のような自らの言葉をつづっていく構成。「自然の中で自由な自分探しの旅」がテーマだけに、写真家の浅田政志氏が「コスプレ七変化などいつも元気いっぱいなピンキー(藤咲)の代名詞を封印した」と言う通り、藤咲は「自分でも見たことのない素の表情がたくさんあった」と満足げな表情を見せた。

 その中でもお気に入りは、釣りをしているところでの振り返りショットで、「ふいに撮られることってあまりなかったので」と説明。完成は今月6日の発売日当日だったが、「思っていたものと重なる部分もあったし、とても自分っぽいものになった」と笑顔を見せた。

 アートブックは最上もが、古川未鈴に続く3人目で、「やっぱり意識しました。2人がキメキメで完璧に作り上げていたので。私のはその対極で、ファンの方もピンキーらしいと言ってくれています」と照れ笑い。他のメンバーにはまだ見せていないそうだが、「私も不安で、ファンの方も不安という声を聞いていたけれど、出来ばえは96点。残り4点は、もっといろんな表情ができればという、自分の力不足です」と、自らののびしろに期待していた。