元Wonder Girls ヘリムが告白「BoAが好きで本当はSMに行きたかったけど…」

写真拡大

元Wonder GirlsのヘリムがJYPエンターテインメント(以下JYP) のオーディションに受かったきっかけを明かした。

最近韓国で放送された総合編成チャンネルtvN「現場トークショーTAXI」では、キム・フングク、ヘリム、MCグリーがゲストとして出演した。

この日MCのイ・ヨンジャはヘリムに「私はヘリムさんが韓国人ではないと思っていた」と話し、ヘリムは「香港で14年間過ごしてきた。中学3年のときに韓国に来た。JYPのオーディションに受かって韓国に来た」と話した。

続いてヘリムは「小さいときからBoA先輩の大ファンだ」と言い、MCのオ・マンソクは「それならSMエンターテインメント(以下SM) に行くべきだったのでは?」と聞いた。

これに対してヘリムは「元々SMに行きたかった。その当時はまだ小さくて志願の方法が分からなかった。SMのオーディションの申請中にエラーが生じてできなかった。翌日申請しようとしたけれど、その日JYPのオーディションが香港で開かれると聞いて、JYPのオーディションを受けて合格した。後悔はしていない」と話した。

またオ・マンソクは「両親は香港にいらっしゃるのか?」と聞き、ヘリムは「そうだ。ずっと一緒に過ごしてきたのに一人で韓国に来て変な感じがした」と答えた。

すると、オ・マンソクは「大変な時パク・ジニョンさんは助けてくれたか?」と聞き、ヘリムは「練習生のときは、ご一緒する機会がなかった。当時、パク・ジニョンさんに私の名前を知ってもらうのが願いだった。今でも自分の名前を呼ばれるのが不思議だ。Wonder Girlsのメンバーになれてとてもわくわくしていた」と明かした。