提供:リアルライブ

写真拡大

 俳優の田中圭が18日、東京・丸の内のKITTEで行われた「春のメッセージフェスタ」オープニングイベントに出席。集まったファンを前に、ファンへの感謝の気持ちをしたためた手紙を朗読した。

 手紙やポストをテーマとした本イベントで、手紙についてのトークショーを行った田中。普段から手書きの手紙を書く習慣があるといい、「最初についたマネージャーからの影響です。マネージャーに(関係者に向けて感謝の気持ちを手紙で)書く癖を付けろって言われて」とその理由を明かすと「最初は面倒くさかったし、事務所に対しての差し入れのお礼の手紙とか、名前を見ても誰か分からない人が相手。知らない人に何書けばいいんだろうって悩んだりもしました。本当に嫌だった」と述懐。

 だが、「手紙を書く癖をつけておいて本当によかった」と今は手紙を書く大切さを実感しているといい、「手紙特有の温かさ、気持ちの入り方。直筆の文字にはその人の想いがあふれる。ちょっとしたメッセージカードでも頂くと嬉しくなる」とコメント。「ファンからもたくさんファンレターを頂きます。ドラマや舞台の感想が書いてあったりして役者としても参考になります」と述べると「ファンレターは捨てれない。ファンレターを保管する倉庫を借りているくらいです」と明かしてファンを感激させた。

 最後はファンへの想いをこめた手紙を切々と読み上げた田中。「感謝しています」と頭を下げると、「でも、こういう手紙を読むのはちょっと恥ずかしいですね。途中で自分で勝手にうるってきました。ヤバいって」と照れくさそうに話していた。

(取材・文:名鹿祥史)