中国・北京の人民大会堂で握手する習近平国家主席(右)と米国のレックス・ティラーソン国務長官(2017年3月19日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】中国の習近平(Xi Jinping)国家主席は19日、北京(Beijing)市内でレックス・ティラーソン(Rex Tillerson)米国務長官と会談し、北朝鮮や通商問題をめぐる見解の相違で不安定になっている二国間の関係強化のために協力していく姿勢を表明した。

 習主席はティラーソン国務長官に対し、ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領との先月の電話会談で「中国と米国の協力推進に共同で取り組む」方針を固めたことを明らかにした上で、「(両国の)関係を新たな時代に、建設的に進めていく形にできると確信している」「それができる限り、関係が正しい方向に向かうのは間違いない」と述べた。

 この会談の数時間前、北朝鮮は新型ロケットエンジンの地上実験を実施した。米中の連携を、挑発的行動によって新たに試すのが狙いだったとみられている。米中両国は、習主席が来月訪米してトランプ大統領と首脳会談を行う方向で調整を進めている。
【翻訳編集】AFPBB News