3試合連続ゴールの福岡FWウェリントン「最高のクロスが来た」

写真拡大

 頼れるエースが試合を決めた。アビスパ福岡は19日、2017明治安田生命J2リーグ第4節でロアッソ熊本と対戦。同点で迎えた76分にFWウェリントンが決勝ゴールを決め、2−1で勝利を収めた。

 ウェリントンは試合後のインタビューで、「最高のクロスが来たし、それをしっかりと決められたことをうれしく思う」と得点場面を振り返る。FW石津大介が左サイドから中央に上げたクロスを、打点の高いヘディングシュートで叩き込んだ。

 得点後は、華麗な後方宙返りから力強いガッツポーズを見せたウェリントン。これで3試合連続ゴールを決めた。「出来ればこの調子をシーズン終了まで続けて、我々の最大の目標であるJ1昇格につなげたい」と好調を維持するブラジル人FWのモチベーションは高い。

 4連勝を狙う福岡は次節、アウェイでモンテディオ山形と対戦する。