「去年の夏、オリンピックメンバーから落選したときは、すごく悔しい思いをしました。あのとき、チームに帰ったら、みんなが『お帰り』って、本当に温かく迎え入れてくれて。だから、このチームで、このメンバーで絶対に優勝したい! と思っていたので、優勝できたことが本当に嬉しいです」

 2年目のホープ、NECの古賀紗理那は、満面の笑顔を見せた。2015年もシーズン途中からチームに加入して優勝に貢献しているが、「今回のほうが嬉しい」と言う。



NECの攻守の要、古賀紗理那
3月18日、初めて導入された「ゴールデンセット」ありのV・プレミアリーグ女子のファイナル(※)で、2日続けてフルセットの死闘を制し、NECが2年ぶり6度目の優勝を勝ち取った。対戦した久光製薬の優勝回数が5回なので、これにより単独で最多優勝チームとなった。

※2試合行ない、セット率、得点率に関係なく、1勝1敗になった場合は、そのまま15分のインターバルのあと25点制の「ゴールデンセット」で勝負が決まる。

「今回の方が嬉しかったのはなぜですか?」と古賀に聞いた。

「前回は(まだ高校生で)プレッシャーもなく、一生懸命やって、気がついたら優勝していたという感じ。昨季はサーブで狙われて、崩される場面が多かった。今季は『サーブで狙われても、崩されないぞ!』と思いながらやってきて、成果も出せました。オリンピック落選の悔しさもぶつけるつもりでリーグに臨みました。

 そして、『バレーはひとりでやるものじゃない』ということがわかったシーズンでもありました。今日も『ブロックのどこが空いている、レシーブのどこが空いている』とたくさん声をかけてもらって、スパイクを決めることができた。周りを頼っていいんだなって思いました」

 17日のファイナル1戦目は、助っ人外国人選手のニコロバ・エミリヤが84打数と偏った組み立てになったNECだったが、山田晃豊監督が「少し単調な攻撃になりすぎて、ウチらしくなかった。明日は配分を考えます」と言ったとおり、2戦目はニコロバ59打数、古賀48打数、近江あかり35打数、両ミドルが20打数超えと、司令塔の山口かなめはトスを散らし、要所で古賀とニコロバで切っていくスタイルにした。

 1戦目は久光のサーブが古賀狙いで、さらに古賀の攻撃に対するブロックとディグの対策も万全だったために、なかなか決定率が上がらず20%台だったが、2戦目では久光のサーブの狙い目が変わったこともあり、40%近くまで上げた。古賀のブロックは2戦とも3得点。2戦目は4セット目の途中で足をつってしまったが、「絶対下がりたくなかったです。この試合が終わったら倒れてしまってもかまわないと思いながら、コートに立っていました」と踏みとどまる。体重の乗った鋭いスパイクを要所で決めて、NECに流れを引き寄せた。

 山田監督は古賀の今シーズンをこう評した。

「今シーズンは本人にとっては初戦途中でコートから外れ、チームも負けて悔しい思いをしました。最終的には勝てたけど、苦しいことも多かった。全日本の方でもオリンピックのメンバーから落選して、チームの夏場の厳しい練習に参加したことで、一歩一歩成長してきたんだと思います。

 まだ2年目の選手ですけど、試合になればチームの中では守備の中心でもあり、攻撃の中心でもある。だから、サーブの的になるし、攻撃もマークされる。昨日も思うようにいかない展開でしたね。彼女を集中的にサーブで狙って、攻撃も徹底的に対応された。

 昨日から今日がそうであったように、今シーズン全体を見ても、一歩乗り越えて成長していると思います」


 報道陣から「MVPはまだ発表されてないですが、もし選ぶとしたら誰ですか?」と質問されて、「自分です!」と胸を張った古賀。同席した近江と山口からも「紗理那です」「私も紗理那ですね。高卒2年目でまだまだ若いんですけど、サーブで狙われて、攻撃も対策されて、それでもシーズン通して出場しきったので、MVPをあげたいと思います」とお墨付きをもらった。

 悔しい思いをした全日本に向けても、改めて意欲を燃やしている。

「今は、5月にある世界クラブ選手権で高い相手にどれだけ通用するか、ぶつかっていきたい。全日本についても、同じように高い相手に自分がどれだけやれるか、ぶつかっていきたいです」

 シーズンが始まる頃は、全日本に関する質問に対し、唇を噛んでうつむくだけだった古賀だが、「優勝」という実績を得て、自信を取り戻したように見える。中田久美次期全日本監督にも「中心となる選手」として名前を挙げられている。まずは、5月に神戸で行なわれる世界クラブ選手権での活躍を期待したい。

■バレーボール 記事一覧>>