石原慎太郎氏(Natsuki Sakai/アフロ)

写真拡大

 東京・築地市場から豊洲市場への移転問題をめぐり、法律に基づく強い調査権限を持つ調査特別委員会、いわゆる百条委員会が現在開かれているが、移転を決定した当時の石原慎太郎元知事への証人喚問が20日に実施される。

 それに先立ち3日、渦中の石原氏は都内で記者会見を開いたが、決定に至る経緯について「私は裁可せざるを得なかったので裁可した」「副知事の浜渦(武生)氏に一任した」「そんな小さいことに、私も構っていられません」などと責任逃れの発言に終始したことが批判を呼んだ。

 石原氏といえば、若くして芥川賞を受賞し、弟は昭和の大スター俳優。時代の寵児とも呼べる勢いで人気を獲得し、やがて国政や都政にも進出した人物である。強固なリーダーシップを振るう石原氏のカリスマ性に魅了されていた人は少なくないだろうが、その強気な口調は84歳になった今も健在。今回の証人喚問についても、「喜んで応じます。知っていることも全部話します。困る人が出るかもしれないけどね、こっちも困ってるんだから」と“臨戦態勢”を見せている。

 そんな石原氏は、歯に衣着せぬ物言いが特徴なだけに、過去には幾度となくその発言が物議を醸している。

●「これを書いたのはIQが低い人たちでしょう」(1977年)

 石原氏の政界デビューは1968年。参議院選に出馬し、300万という史上最多の得票を集めてトップ当選を飾ったのだ。72年に衆議院に鞍替えすると、76年には環境庁長官に任ぜられる。

 翌年4月、石原氏は公務で熊本県へ赴き、水俣病の患者施設を視察した。患者に抗議文を手渡された石原氏はその夜、会見で「これ(抗議文)を書いたのはIQが低い人たちでしょう」と発言。さらには「補償金が目当ての“偽”患者もいる」との暴言を吐き、患者らの前で土下座して謝罪する事態となった。

●「ああいう人ってのは、人格があるのかね」(99年)

 99年、石原氏は都知事選で初勝利を果たした。それ以降、2012年に辞職して国政復帰するまで4期にわたって都知事の椅子に座り続けるわけだが、就任初年度の9月には、さっそく次のようなエピソードを残している。

 重度障害者たちが治療を受けている病院を視察した石原氏は、会見にて「ああいう人ってのは、人格があるのかね」と語ったのだ。その後も「絶対よくならない、自分が誰だかわからない、人間として生まれてきたけれど、ああいう障害で、ああいう状況になって」「ああいう問題って、安楽死につながるんじゃないかという気がする」などと発言した。

 ちなみに昨年7月、神奈川県相模原市の知的障害者施設で19人が死亡し、20人が重傷を負った殺傷事件ついても石原氏は言及しており、「文學界」(文藝春秋/16年10月号)の対談で「あれは僕、ある意味で分かるんですよ」と心境を吐露してみせた。

 そして「(作家の)大江(健三郎氏)なんかも今困ってるだろうね。ああいう不幸な子どもさん【編注:作曲家で障害を抱える大江光氏】を持ったことが深層のベースメントにあって、そのトラウマが全部小説に出てるね」とコメントしている。

●「不法入国した多くの三国人、外国人が非常に凶悪な犯罪を繰り返している」(2000年)

 2000年4月、陸上自衛隊の式典に出席した石原氏は「今日の東京を見ますと、不法入国した多くの三国人、外国人が非常に凶悪な犯罪を繰り返している。こういう状況で、すごく大きな災害が起きたときには、大きな大きな騒擾事件すら想定される」と挨拶した。

 発言の趣旨は「陸上自衛隊には治安の維持に尽力してほしい」ということだったのだろうが、ここで取り沙汰されたのは「三国人」という表現。

 日本が太平洋戦争で敗戦し、連合国軍に占領されていた頃、三国人は日本に居留する台湾人や朝鮮人を指す用語として使われ始めた。この言葉は蔑称としての性質も持ち合わせており、公の場であえて用いるべきではないとの声も多い。石原氏自身は「三国人は差別用語ではない」との認識を示したが、国連の人種差別撤廃委員会では「公職につく高官による人種差別的な発言」として問題視されている。

●「北朝鮮のミサイルが1発落ちてくれたらいいと思う」(2000年)

 石原氏は核武装論者で、2000年に発売された「週刊ポスト」(小学館/12月29日号)では「私は半分以上本気で北朝鮮のミサイルが1発落ちてくれたらいいと思う」とコメントしている。

 翌年には、3月12日付米ロサンゼルス・タイムズのインタビューで、次のように発言している。

「北朝鮮のミサイルが日本に当たれば、長い目で見て良いことだろうと思った。日本は外界から刺激を受けない限り、目覚めない国だからだ。特に北朝鮮のミサイルが核、生物弾頭を搭載するとなれば、日本がいかに無防備か理解するだろう」

●「文明がもたらしたもっとも悪しき有害なものはババア」(01年)

 01年発売の「週刊女性」(主婦と生活社/11月6日号)で、石原氏は「これは僕がいっているんじゃなくて、松井孝典(東京大学名誉教授)がいっているんだけど」と前置きし、「“文明がもたらしたもっとも悪しき有害なものはババア”なんだそうだ。“女性が生殖能力を失っても生きてるってのは、無駄で罪です”って。男は80、90歳でも生殖能力があるけれど、女は閉経してしまったら子供を産む力はない。そんな人間が、きんさん、ぎんさんの年まで生きてるってのは、地球にとって非常に悪しき弊害だって…。なるほどとは思うけど、政治家としてはいえないわね(笑い)」と言及。

 石原氏に名前を挙げられた松井教授も「石原氏の発言を見ると、私の言っていることとまったく逆のこと」と批判しており、石原氏は人々の反感を買って提訴された。

●「(北朝鮮と)日本は堂々と戦争したっていい」(02年)

 北朝鮮による日本人拉致問題をめぐり、政府に認定されている17人の拉致被害者のうち、02年には5人の帰国が叶った。

 その背景には、小泉純一郎首相(当時)と故・金正日総書記による日朝首脳会談があったわけだが、同年発売の「週刊文春」(文藝春秋/9月6日号)では石原氏の「僕が総理大臣なら、実は百人近くもいるという拉致された日本人をとり戻すためになら北朝鮮と戦争をおっぱじめるよ」という言葉が紹介されている。

 これに加え、石原氏が出演した同年11月10日放送のテレビ番組『サンデープロジェクト』(テレビ朝日系列)では「(北朝鮮と)日本は堂々と戦争したっていい」とのコメントも。

●「予告して自殺するバカはいない。やるならさっさとやれ」(06年)

 06年、文部科学省の伊吹文明大臣宛に「僕は、いじめが原因で11月11日土曜日に自殺することを証明します」と綴られた手紙が届いた。学校のクラスメイトや担任、教育委員会が状況の改善に動かなければ、手紙の内容通りに自殺するというのである。

 この書面について石原氏は、会見で「あんなのは、大人の文章だね。愉快犯っていうか。今の中学生にあんな文章力はない。理路整然としていて」と、信憑性に疑問を投じた。

 さらに石原氏は、「自殺なんか、予告して死ぬなって、そんなものは。大体甘ったれというか」「私なんか、子どもにけんかの仕方を教えましたよ」「ファイティングスピリットがないと、一生どこへ行ってもいじめられる」「予告して自殺するバカはいない。やるならさっさとやれ」と発言を繰り返したのだ。

 後日、石原氏宛には「一生どこへ行ってもいじめられるのはつらいので『死にます』」などと書かれた自殺予告はがきが届くことになる。このはがきも大人のいたずらだという見方があるが、石原氏の発言は世間の反発を招いた。

●「(同性愛者について)どこかやっぱり足りない感じがする」(10年)

 10年12月、東京都小学校PTA協議会が、都議会に「青少年健全育成条例改正案の成立に関する要望」を提出した。これは、漫画やアニメにおける児童ポルノや近親相姦などの描写は規制するべきという働きかけだったが、石原氏は同性愛についても「テレビなんかにも同性愛者の連中が平気で出るでしょ。日本は野放図になり過ぎている」と指摘。

 その数日後、サンフランシスコで同性愛者のパレードを目にしたことがあるという石原氏は「見てて本当に気の毒だと思った。男のペア、女のペアあるけど、どこかやっぱり足りない感じがする。遺伝とかのせいでしょう。マイノリティーで気の毒ですよ」とも語ったのだ。

 この発言を受け、国際人権組織ヒューマン・ライツ・ウォッチは、石原氏に発言の撤回を求めていた。

●「(東日本大震災について)やっぱり天罰だと思う」(11年)

 11年3月14日、東日本大震災を受け、石原氏は節電対策をテーマに蓮舫氏と会談を実施。その後、報道陣の前に姿を現した石原氏は、「日本人のアイデンティティーは我欲。この津波をうまく利用して我欲を一回洗い落とす必要がある。やっぱり天罰だと思う。被災者の方々はかわいそうですよ」と、震災への所感を述べた。

 後日、石原氏は「行政の長である私が使った『天罰』という言葉に、添える言葉が足りなかった」と謝罪した。

●「小池百合子都知事に対して)大年増の厚化粧」(16年)

 現在の東京都知事は小池百合子氏だが、当選すれば史上初の女性都知事が誕生するということで、16年夏の選挙はレース中から大きく話題になっていた。そして元都知事の石原氏は、別の候補者(増田寛也氏)の側についていた。

 その応援演説で、石原氏は小池氏のことを「大年増の厚化粧がいるな」「(都政を)厚化粧の女に任せるわけにはいかない」と散々こき下ろし、当然ながら「セクハラだ」と波紋を呼ぶ。小池氏は化粧で顔のあざを隠していると明かしているが、石原氏はそのコンプレックスをも無遠慮に刺激した。

 バッシングに屈することなく当選した小池氏は、8月1日放送のテレビ番組『モーニングショー』(テレビ朝日系列)にて、石原氏の次男である石原良純氏と共演。良純氏が「石原慎太郎というのはああいう人」「多分謝らないと思いますので、私が代わりに」と詫びを入れる一幕があった。

 石原氏と小池氏は現在、豊洲市場移転問題をめぐって舌戦を繰り広げているが、百条委員会では石原氏が再び問題発言をして批判を浴びる事態にならないことを願うばかりである。
(文=編集部)