[3.19 J2第4節 山形0-0讃岐 NDスタ]

 モンテディオ山形が本拠地にカマタマーレ讃岐を迎えた一戦は、スコアレスドローに終わった。山形は次節にホームで福岡と、讃岐は再びアウェーで山口と対戦する。

 ホーム開幕戦となる山形は前節の熊本戦(1-1)から先発3人を変更。ダブルボランチの一角をMF松岡亮輔からMF本田拓也に変え、そのほかDF石川竜也、MF荒堀謙次が今季初スタメンとなった。

 対する讃岐は前節の愛媛戦(2-2)からスタメン2人を入れ替え。福岡大出身の大卒ルーキー・DF中島大貴がリーグ戦プロ発先発(公式戦初先発は鳥栖の特別指定選手として出場した15年ルヴァン杯)としてセンターバック、前回対戦となる昨季J2第26節(2-1)で決勝点を挙げたFW仲間隼斗が2トップの一角に入った。

 試合前のコイントスで勝った讃岐は逆のエンドを選択し、風上でスタート。さらに事前予想の4-4-2ではなく3-5-2で臨み、対応に戸惑う山形を尻目に試合のペースを握った。

 前半6分には左クロスが流れたところにMF馬場賢治が反応。PA内右から右足で強烈なシュートを打つが、相手DFに当たって枠外にそれた。同30分には左クロスがクリアされ、PA手前中央にいた馬場がこぼれ球を右足で叩く。だが、わずかにクロスバーを越えた。

 主導権を握る讃岐は前半33分に決定機。再び左サイドからのクロスが流れると、PA内右へフリーで走り込んだ馬場のもとへ。しかし、右足で放ったシュートは当たり損ねとなってしまい、大きくゴール左へと外れた。

 後半は守備の修正を施した山形が徐々に押し返していく展開となる。後半7分にはFW阪野豊史のスルーパスからMF鈴木雄斗が完全フリーでPA内右へ抜け出す。しかし、右足で折り返したボールは距離を詰めた相手DFがブロック。鈴木は余裕がありすぎたのか、判断が遅れて中途半端なプレーとなってしまい、思わず天を仰いだ。

 讃岐も後半16分にビッグチャンスを作り出す。PA手前右でボールを持ったFW木島徹也がドリブルでDF菅沼駿哉のマークをはがし、PA内に進入。DFを引き付けて左横にパスを出すと、フリーのMF渡邉大剛が右足でシュートを放つ。だが、最後まで相手の動きを見たGK児玉剛が右足を伸ばして防ぎ、ピンチを救った。

 山形は後半39分に右CKを獲得。キッカーのMF風間宏希が送ったクロスからPA内中央で混戦になると、こぼれ球を拾った鈴木が左に持ち出しながら左足でシュートを放つ。しかし、最後まで相手DFに体を寄せられていたこともあり、倒れながら蹴ったボールはゴール左外に飛んだ。

 終盤には讃岐が立て続けに決定機を創出。後半40分、右サイドの馬場が中央へ鋭く切れ込み、PA手前から左足を振り抜く。やや巻いたシュートはゴール左隅の絶妙なコースをとらえていたが、GK児玉に横っ飛びで弾き出された。数秒後の同40分にはカウンターから右サイドの馬場がクロスを上げる。PA内中央に飛び込んだ途中出場のFW原一樹がヘッドで合わせるも、ジャストミートできず、クロスバーの上に外してしまった。

 両チームとも最後までネットを揺らせず、スコアレスのままタイムアップ。互いに3試合連続の引き分けとなり、山形は開幕戦の京都戦(2-1)以来、讃岐は今季初の白星を逃した。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ

●[J2]第4節2日目 スコア速報