『関ジャム 完全燃SHOW』の演出・プロデューサー、株式会社テレビ朝日・藤城剛氏。

写真拡大

 音楽の魅力を広く伝えるメディアとして、大きな機能を果たすテレビの音楽番組。CD全盛期に比べて番組数が減少する中、それぞれ趣向を凝らした番組づくりが行われている。そんななかでも一際目立つ番組をピックアップする連載『テレビが伝える音楽』。第二回では『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日)で演出・プロデューサーを務める株式会社テレビ朝日・総合編成局第1制作部の藤城剛氏を迎え、同番組が立ち上がった経緯や、マニアックな視点をポップに伝えるための工夫、なぜ斬新な切り口を毎回提示できるのかという部分まで、じっくりと話を聞いた。(編集部)

・「『Mステ』とは違うやり方で『ゲストの何が凄いか」を提示したい」

ーーまずは藤城さんの経歴について教えてください。

藤城:僕は『関ジャム 完全燃SHOW』(以下、『関ジャム』)に携わるまで、音楽番組に関わったことがなかったんですよ。入社してすぐ『金曜★ロンドンハーツ』の前身番組『イナズマ!ロンドンハーツ』にADとして配属され、今でもディレクターとして携わっています。その後も同じ班の中で「アメトーク」や「坂上忍の成長マン」などに携わっていたので、基本的に芸人さんをメインに仕事をさせてもらっていたのですが、一昨年の春に『ミュージックステーション』などを担当するチームから「関ジャニ∞で音楽バラエティを立ち上げるから演出としてどうか」と声をかけてもらい、今に至ります。

ーーテレビマンとしてはバラエティの現場で育った藤城さんが、その経験を『関ジャム』に一番活かせていると思うポイントは?

藤城:基本的には「オリジナリティー」とか「わかりやすく」というくらいでしょうか。ゲストを迎えるホスト役の関ジャニ∞のメンバーは、その部分において大きな役割を果たしてくれていますし、自分がこれまでご一緒してきた芸人の皆さんも、素人目線でアーティストに切り込んでもらっています。あとは『ロンドンハーツ』のドッキリ企画を通して、ドキュメント形式で展開するバラエティの作り方や、出演者の裏側がどうなっているのかを知りたいという興味ですね。『関ジャム』の場合は、それが『ミュージックステーション』でライブでの輝きを見せてくれるアーティストたちの裏側に当てはまるわけで。華やかさの裏側で、「曲作りにどんな苦労があるのか?」「締め切りとか大変じゃないのか?」とか、そんな部分もバラエティ的に見せられたらいいなと思っていますし、編集もかなり細かく、わかりやすさを追求してやっているつもりです。

ーーまさに、音楽番組としてもバラエティ番組としても見やすいというのが『関ジャム』の特徴でもあると思います。番組のコンセプトはどのように決まったのでしょうか。

藤城:元々は2世代のアーティストをゲストに迎えて、関ジャニ∞がゲストの人となりを探ったりしながら、最後は一緒にセッションをする、というコンセプトの音楽バラエティでした。僕としては音楽の知識は人並みかそれ以下なので、どうしようかなと考えて「音楽のことをしっかり聞く側面と、そこから離れたところにあるアーティストの一面をフィーチャーする」という形にできないかなと。第一回は岸谷香さんと西野カナさんだったのですが、事前打ち合わせで西野さんから「楽曲制作をする際に企画書を作る」と聞いていて、面白そうだと思い、番組でそのメモ自体を紹介させてもらったんです。こうやって音楽のことも取り上げつつ、『ロンドンハーツ』をやっていた人間としては普段は聞けないアーティストの色んなことも聞きたくて(笑)。お2人のマネージャーさんに取材をし、その裏側を発表するという企画もオンエアしました。

ーー番組コンセプトの根幹にあるものとは。

藤城:「アーティストの方のすごさをどうやったら伝えられるか」ということに尽きると思います。それを生放送の歌唱をメインに伝えるのが『ミュージックステーション』だとしたら、『関ジャム』はそうじゃないやり方で「ゲストの何がいかに凄いのか」を伝えれればと。

ーー「2世代のアーティストを〜」という方向性が変わったのはなぜでしょう?

藤城:単純に先ほど挙げた2つの視点で作り続けるよりも、1組のゲストに絞って、音楽の話をがっつりと聞くほうがよりオリジナリティーが出るかな、と考えるようになりまして。そのキッカケの一つがゲスの極み乙女。さんのゲスト回(2016年1月10日放送)です。事前の打ち合わせで曲作りの方法を訊いたとき、「レコーディングスタジオに入ってそこから考える」と言われて「そんなこと本当にあるのか……?」と思い、収録の際、支配人の古田新太さんから「渋谷・センター街・24時・牛丼屋に1人でいる女……」とテーマをアドリブで出してもらい、その場で短い詞曲を作ってもらいました。他のメンバーがトークしている間に川谷絵音さんがスマホで作詞をメモして、セッションで曲を作り上げていくところまでドキュメント的に放送したら、すごく反響があったし、僕自身も手応えを感じて。淡々としたシーンも「ここで〇〇分が経過……」と間をはしょっちゃいがちなのですが、「このままの方が面白い」と思ってほぼノーカットでオンエアしました。

ーーこの回は音楽制作を追体験して見ているような感覚になって、すごくドキドキしました。

藤城:この回を機にアーティストの曲作りの凄さをどう伝えたら、視聴者の方に興味を持ってもらえるかを、より考えるようになりました。ゲストの方にとっては当たり前のことでも、そこを番組側や関ジャニ∞がどう拾い上げていくか…その手がかりをいただいた回だと思っています。

ーーコアな部分を掘り下げつつ、それが最終的にポップなものに映るのは、制作チームの力に加え、関ジャニ∞のスキルが大きいようにも思えます。音楽についても造詣の深いメンバーが多く、例えば先日の『2016年ベストソング』回(1月8日、15日放送)では、tofubeatsさんによるピコ太郎「PPAP」分析の流れで、渋谷すばるさんがヤオヤ(TR-808)使いだとわかり、SNSで大きな反響がありました。

藤城:メンバ-7人の音楽への情熱をとても感じます。こちらからお願いしておいてなんですが、毎週毎週ゲストの曲を共にセッションすることは本当に大変でしょうし(笑)、初回収録前日のリハを見て「こんな凄い空気で、懸命に作り上げてるのか」と感じまして……。どうやったらこの緊張感をお伝えできるかと考え、セッションの前後を足してドキュメント感を強調しています。関ジャニ∞は音楽のプレイヤーとして細かいところを質問してくれるし、一般の方に伝わりづらいなというタイミングでは噛み砕いて訊いてくれる。セッションを共にした、ということで心を開いてくれるゲストの方もいるでしょうし。ホストでありプレイヤーでもある関ジャニ∞の個性がお見せできているのでは、と思います。

・「ゲストに自分の話ばかりさせるのが申し訳ない」

ーー毎回キャスティングも面白いですよね。ゲストの選定はどのようにされているのでしょうか。

藤城:キャスティングに関しては、アーティストの出演が先に決まり、そこからテーマを決めていく回と、僕らでテーマを先に決めて幅広くキャスティングする回の2方向があります。番組としてキャスティングの大きな転機になったのは、音楽プロデューサーのヒャダインさんと蔦谷好位置さんをゲストにお招きした回(2016年6月5日放送)です。この時は「アーティストではなく、裏方の作り手が本気で勧める音楽って何なんだろう?」と考えたのがきっかけで、実際に打合せをしたらめちゃくちゃ面白くて、プロデューサーさんらしくトークも曲のプレゼンも見事で……間近で見てて感心するばかりでした。

ーー蔦谷さんの話が出たので、先日放送された『2016年ベストソング』の話を再び。彼がT字路s「はきだめの愛」を紹介したりと、マニアックな選出が話題を呼びました。

藤城:失礼ですが正直、僕なんかは知らない曲がいくつもありました……。でもその理由を聞くと誰もが納得するようなものなんですよ。だから、「これだとTV的に知名度が低いので他の曲を……」みたいなことはしたくなくて。プロが自信を持って勧めてるんだから、僕らはそれを信頼するだけでした。実際オンエア後の反響は今までで一番だったかも。しかし、業界では凄い方でもお茶の間が広く知っているわけではないとも思うんですよ。コアな視聴者以外の、そもそも彼らの凄さを知らない視聴者にどう面白がってもらえるかが、僕らが気をつけなきゃいけないところです。

ーー確かに、音楽好き以外の方がプロデューサーのことまで知っているというケースは少ないかもしれません。

藤城:いしわたり淳治さんやtofubeatsさんのことを知らない方にも、いしわたりさんが西野カナさんの歌詞分析をしたり、tofuさんによるピコ太郎のトラック分析が面白いと思ってもらえたのは収穫でした。メジャーなアーティストの裏側だけでなく、未知のものへの一般視聴者の興味を強く感じました。それが振付師の世界をコアにお届けした回が反響が大きかったことにも繋がるかもしれません。

ーーキャスティングの幅を広げた先に、何を求めていたのでしょう。

藤城:アーティストの凄さを追求していく一方、ゲストご本人に自分の話ばかりさせるのが申し訳ないなと思うこともあって……まぁ当たり前の話ですが。自分で「ここが凄いよ」と話すよりも、他のプロの方が話すほうが新たに気づく部分もあるのではと。そういう意味では、コブクロの小渕健太郎さんが大ファンである布袋寅泰さんについて、本人を隣りに語る回(2016年9月4日放送)も見応えがあったのでは、と思います。

ーー『関ジャム』に見られる「これまでの音楽番組になかった視点」は、藤城さんが持つその感覚から生まれていたわけですね。

藤城:自分が音楽に関して素人だからこそ、気になったり興味を持った部分は、同じく視聴者の方もわからないところなんじゃないかな、と思っただけなんですけどね。『ミュージックステーション』のスタッフに「編曲ってどういうことですか? 作詞作曲と何が違うんですか?」と質問して、その引っかかりから番組を作っていくというか。音楽業界の方からすると恥ずかしくて聞けないようなことかもしれませんが(笑)。

ーーそんな藤城さんが作るからこそ、視点はマニアックなのに、入り口や説明はポップになっているんだと思います。

藤城:コアな音楽ファンに納得してもらいながら、一般の視聴者の方にも楽しんでいただけるような番組を目指したいです。最近「『関ジャム』はマニアックだよね」と面白がっていただくことも多くなって、本当にありがたい限りなのですが、地上波の23時台の番組としては間口を広くしておきたいなぁと。“よく分からないマニアック”ではなく“みんなが興味の持てるマニアックな感じ”をどうお伝えするか……毎回毎回スタッフ一同悩んでます(笑)。

ーー実際にはどのようにしてキャスティングを行なっているのでしょうか。

藤城:例えば一つ「振り付け」というテーマがあったとして、それに合う方で実績のある方、話を聞いてみたい方を探していきます。だからこの番組のADってめちゃくちゃ大変だと思います(笑)。ほかにも、『ミュージックステーション』チームから「先日出たあのアーティスト関連の○○さんが面白かった」という情報をいただいたりと、アドバイスも受けながらやっています。先方としても『ミュージックステーション』チームがいるという信頼感は強いと思うので。

ーー番組を続けて、ファンがある程度ついてきたと思います。ここからさらにもう一歩踏み込もう、という段階にしていくつもりはありますか?

藤城:「視聴者が知らないものを紹介しても大丈夫なんだ」という自信は始める前よりしっかりと付いてきたので、積極的に未知のテーマに取り組んでいきたいとは思います。もちろん、そこで反応が悪ければまた企画を変えますし。レギュラー番組の宿命だと思います。

ーー「今後はこういう方面を掘り下げたい!」と思っていることは?

藤城:先日『音楽大学の世界』(2月5日放送)という企画をオンエアしたのですが、「指揮科には生徒が1学年1人しかいない」と聞くと、実際の授業はどうなってるのかな? と気になりますし、もっと掘り下げたいなと。それ以外にも、今出演しているゲストの方たちとの間にも「実はこれ、こんなにすごいんだよ」と教えてもらったり……取り上げるべきものはまだ沢山あると思うんですよ。そのなかで僕らが見落としているものを関ジャニ∞と共に探したいですし、アーティストの方にとっても『関ジャム』にしか掘り下げられないものを追求し続けたいです。(中村拓海)

■番組情報
『関ジャム 完全燃SHOW』
最新回:#86 2017年3月19日(日) 午後 11:15 〜 深夜 0:10
ゲスト:古坂大魔王、MASAKing、高見眞介

(最新回みどころ)
 今回はピコ太郎のプロデューサー・古坂大魔王が大ヒット曲『PPAP』誕生の裏側を告白! さらに、古坂と電子パーカッションの第一人者として名高いドラマー・MASAKing、大手電子楽器メーカーの商品開発担当者・高見眞介氏が、『PPAP』でもこだわったという電子音楽の世界を徹底解剖する。
 実は、古坂は『PPAP』がヒットする以前から、得意の電子楽器を使って音楽活動に従事。音楽プロデューサーのヒャダインや、いきものがかりの水野良樹も絶賛するほどの名プロデューサーなのだ。そんな彼がこだわりを突き通す上でも、また『PPAP』があれほど大ブレイクした要因という観点からも、電子楽器は欠かせない存在だったという。そこで、今回は古坂がMASAKingや高見氏とともに、『PPAP』に詰め込まれた各こだわりの詳細を、電子楽器を通してひも解いていくことに。『PPAP』がいかに計算された楽曲だったかを知った関ジャニ∞は、驚きを隠せず…!?
 また、今回は古坂とMASAKing、高見氏が電子楽器を使って、即興セッションを展開。電子楽器の面白さを凝縮してお届けする。

 ジャムセッションは関ジャニ∞×ピコ太郎で『PPAP』。なんと、今回はもともと8ビートの楽曲を、途中から16ビートに変化させた“疾走感あふれるバンドバージョン”にアレンジ! 錦戸亮のしびれるギターに注目だ。さらに、関ジャニ∞からは横山裕(パーカッション)、村上信五(キーボード)、丸山隆平(ベース)、大倉忠義(ドラム)も参加。ピコ太郎の歌を力強くバックアップする。