仕事や家事で疲れ果て、1日の終わりに飲むビールの1杯ほどおいしいものはありませんよね。1杯程度じゃ酔えない、物足りないと、ビールをがぶがぶ飲む人もいます。しかしビール好きにも怖いものがあります。それが通風です。毎日ビールを自由に飲んでいて、気づいたら全身に激痛が。そう、ビールは通風を招く原因の1つとして、非常に有名な飲み物です。でも何故ビールを飲むと通風になるかをご存知ですか? それはビールに含まれるプリン体に秘密が隠されています。

ビールに含まれるプリン体が通風を招く

わたしたちがいつも飲んでいるビールには、プリン体という物質が多く含まれています。このプリン体が痛風の原因とされています。そもそも通風とは血液中に尿酸が増えすぎて、それが結晶化して起こる病気です。ビールに含まれるプリン体は、この尿酸をつくる材料となってしまう性質があります。つまりわたしたちがビールからプリン体を多く摂取することにより、血液中の尿酸が増え、果てには通風となってしまうというわけです。ビールが悪いというより、ビールに含まれるプリン体が悪いわけですね。

ビールや発泡酒によってプリン体の量が異なる

ちなみにビールと似た飲料である、発泡酒や第3のビール等をご存知でしょうか?プリン体が多く含まれるビールとは言いましたが、こういったビールに似た飲料はそうでもないのです。ちなみに一般的なビールでは、100ml中5〜7mg程度のプリン体が含まれています。それに対し発泡酒の多くが、100ml中2〜4mgと、プリン体含有量が比較的少ないことがわかります。更に第3のビールの中には、ほとんどプリン体を含有していないものまであります。ビールにはプリン体が多いとはいえ、他のビール系飲料はそこまで多いというわけでもないのです。

通風が怖いなら発泡酒等がおすすめ

ビールなしでは生きられないけど、通風も怖いという方は、比較的プリン体が少ない、発泡酒や第3のビールがおすすめです。一般的な発泡酒においてはビールの2倍以下のプリン体含有量ですし、今ではプリン体ゼロを謳った、ほぼプリン体が含まれていないビール系飲料も出てきています。もちろんビールのような濃厚さ、香りの豊かさには負けますが、各飲料品メーカー同士が凌ぎをけずって生み出した、おいしい発泡酒や第3のビールも出てきています。味もさることながら値段の安さもあいまって、今では多くのファンも定着しています。ビールが好きだけど通風も怖いというあなた。プリン体の少ない発泡酒や第3のビールを試してみてはいかがでしょうか。


writer:サプリ編集部