シャーリーズ・セロン&セス・ローゲン Photo by Jon Kopaloff/FilmMagic、
Photo by Dan MacMedan/Getty Images

写真拡大

 シャーリーズ・セロンとセス・ローゲンが、新作コメディ「Flarsky(原題)」で共演することがわかった。

 米ハリウッド・レポーターによれば、本作はローゲンが「50/50 フィフティ・フィフティ」「ナイト・ビフォア 俺たちのメリーハングオーバー」のジョナサン・レビン監督と再タッグを組む作品。仕事にあぶれたジャーナリスト(ローゲン)が、子どもの頃のベビーシッターで、今や政府の仕事で大成功を収めている初恋の女性(セロン)と再会を試みる、というストーリーのようだ。

 脚本は、ローゲン&ジェームズ・フランコ主演「ザ・インタビュー」のダン・スターリングが執筆し、2011年のブラックリスト(製作前の優秀脚本)に選ばれた。「Flarsky」は8月にクランクインが予定されている。

 レビン監督は、ゴールディ・ホーンとエイミー・シューマーが母娘役で共演する新作コメディ「Snatched(原題)」が5月12日から全米公開。